読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

王様みたいな枕が欲しい

 

夜空に空いた穴ひとつ

重なる 遠く見えない君の心

見上げ焦がれてうつむいて

水たまりの中 揺らぐ黄色よ

 

やまいぬʕ ・(エ)・ʔ

 

 f:id:hetareyamayama:20170114200502j:plain

 

 

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

 

「王様みたいな枕がほしい」という話がしたい。

 

 

 

 

 

皆さんは枕って、どこで買っているのだろうか。

 

 

 

 

 

生活の必需品。まくら。

 

 

 

 

 

 

三大欲求のひとつに欠かせないアイテム。マクラ。

 

 

 

 

 

我々をネズミじゃない、

文字通りの夢の国に連れてってくれる。

 

 

 

 

 

 

 

みんな大好きMAKURA。

 

 

 

 

 

そう。枕である。

 

 

 

 

そろそろゲシュタルト崩壊してきたな。

 

 

まくらまくら。

 

 

 

 

 

人間、人生の大半を睡眠に費やしてるだけあって、寝具のセレクトは侮れない。

 

 

パジャマしかり。

 

ベッドのスプリングしかり。

 

 

 

 

 

こやつらをなめてかかると、痛い目にあう。

 

 

 

比喩じゃなく、

寝違えたりして痛い目に合う

 

 

 

快適な睡眠がとれなくて寝不足ですっころんで痛いとか。

 

 

でもって、

鏡見たら、顔には大きなクマが出来てて、イタいとか。

 

 

 

 

そういや、

目のクマって、英語で

"bags under his/her eyes"って

 

言うらしい。

 

 

Jeffがドヤ顔で言ってた。

 

 

 

 

誰?

 

 

 

 

って言いますと、

 

 

 

 

Jeffはフライドチキンが似合うお腹が大きいアメリカ人のおじいちゃん先生である。

 

 

 

 

 

カーネルサンダース

サンタクロースに似てる。

 

 

 

 

「やまいぬは日本人のくせにトークティヴで面白いねぇ。ho! ho! ho!」

 

 

 

 

って言われた。Jeffに。

 

 

 

 

カーネルジェフダース。

 

 

 

 

ha! ha! ha!

 

 

 

 

 

うん。

Jeffをフライドチキンにしたら、結構おいしそうだ。

 

 

 

あ、チキンじゃないか。

 

 

 

フライドジェフ?

 

 

 

丸々してて太っちょだから、クリスマスの七面鳥みたいになりそう。

 

 

 

 

おお。メインディッシュ。

やるなぁ。

 

 

 

 

 

ちなみにJeffはおじいちゃんのくせにガールフレンドがいるらしい。

 

 

 

 

英語ペラペラ、日本生まれの美人さんらしい。やるなぁ。

 

 

 

その美人さんが可愛いモノ好きで、Jeffの持ち物はどれもこれもファンシーだ。

 

 

ゆるふわってやつだ。

 

 

 

 

 

この前なんかピンクに子豚さん柄のネクタイしてた。

 

 

 

かわいいな、オイ。

 

 

 

 

で、いつも、すみっこ暮らしのきんちゃく袋を持っている。

 

その中にはアメちゃんが入ってる。

 

 

 

かわいいな、オイ。

 

 

 

 

 

 

あれ、そういや、何の話してたんだっけ。

 

 

 

 

そうだよ。枕だよ。

 

 

 

 

太っちょじいさんの話してる場合じゃなかった。

 

 

ho!

 

 

 

何だっけ。あ、そうそう、枕は大事だよねって話だ。

 

 

 

 

私は単純な人間だから、本に書いてあることにすぐ影響される。

 

 

 

 

で、昔、読んだ本に、

 

 

 

 

「枕ぐらいケチらないで、王様みたいな立派なやつを使おうぜ!」

 

 

 

 

みたいなことが書いてあって、

 

 

 

単純な私はお小遣い持って、東急ハンズに行った。

 

 

 

 

 

したら、だ。

 

 

 

 

 

 

あった。

 

 

 

 

 

何が?

 

 

 

 

 

王様の枕が。

 

 

 

 

いや、本当本当。

嘘じゃないよ。

 

 

正確に言うと、

「王様の抱き枕」なるものが売ってた。

 

 

 

王様級の抱き心地!みたいな謳い文句で。

 

 

 

すぐさまレジに向かおうとして、当時、高校生だった私は
 
 
 
 
(そう、私の王様の枕を巡る物語は高校時代まで遡るスペクタクルヒストリーなのである。多分)
 
 
 
 
そのお値段を見て絶句した。
 
 
 
 
 
高校生には、べらぼうにお高かった。
 
 
 
 
(記憶だから、当時の主観に基づくエフェクトはかかっている)
 
 
 
 
店員さんに聞いたら、抱き枕の、人間の体にフィットするように作られた形状はとても複雑で、専用の布の裁断にコストがかかるとかなんとか。
 
 
 
 
 
 
そもそも、抱き枕ってのは、妊婦さんが寝返りを打ちやすいように作られたものらしい
 
 
 
当時の私にはやっと見つけた、伝説の剣ぐらいの代物だったのに…
 
 
そのやるせなさやら、非難を込めた眼差しを店員さんに向けたら、
 
 
抱き枕のうんちくを沢山教えてくれた上に、2番人気の抱き枕を勧めてくれた。
 
 
 
 
 
王様とはいかなくても、こちらも抱き心地がよくて、しかも安いと。
 
 
 
 
 
 
つまり、王子級だと。
 
(私はそう解釈した)
 
 
 
 
で、カバーの色が一色しか在庫がなかったので、それを買って帰った。
 
 
 
 
では、ご覧にいれよう。
 
 
 
 
王子の抱き枕です。
 
 
 
 
どどん。

 

 

 

 

 

 

f:id:hetareyamayama:20170114011512j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

unko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blue unko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the blue prince of unko

 

 

 

 

 

英語にすると、かっこいい。

 

ちょっとだけ。

 

 

 

 

 

何食べたら、こんな色に仕上がるんだろうか。

 

 

 

こんな事書いたら怒られそうだな。先に謝っとこう。

 

ごめんなさい🙇

 

 

 

ところで、

私の部屋ってのは、

 

 

 

 

Jeff's girl friend に負けない

乙女志向のマイおかんによって、

 

 

 

それはそれはガーリーな世界観になっている。

 

 

 

 

壁紙は白地にピンクの薔薇が散ってるし、

 

 

 

部屋の電気は、白のお花を模してるし、

 

 

 

カーテンはグリーンの葉っぱがさりげなくプリントされてるし、

 

 

 

時計は世界的に有名なネズミがこっち向いて笑ってるし。

 

 

 

 

 

HaHa!

 

(あの声で)

 

 

 

 

 

 

あの声、みんな一度は真似したくなるよね。

 

 

 

 

 

裏声出せば、なんとなく似てしまうお手軽さ。

 

 

 

たまに、やたらドナルドのモノマネ上手いやつ、おる。

 

 

 

 

なんなんだろう、彼らは。

 

 

 

 

暇なのかな。

 

 

 

 

暇なんだろな。

 

 

 

 

 

 

 

HaHa!

 

 

 

 

 

 

そういや、私の後輩にすぐ人のマネするやつがいる。

 

 

 

 

持ち物をお揃いにするとかじゃなく、モノマネするのだ。

 

 

 

 

それがもう、

本当に悪意に満ちている。

 

 

 

 

 

さんまさんのモノマネする時に、

 

 

 

これでもかってぐらい出っ歯にして、

 

 

 

あれでもかってぐらい、

かすれた声で笑うのと一緒だ 

 

 

 

 

 

あいつは人間観察がすごくて、ふとした仕草や表情をすぐ盗んでデフォルメする。

 

 

 

 

 

似てないのに、似てる。

 

 

 

 

なんだろう、分かってしまうという申し訳なさで笑ってしまう。

 

 

 

 

 

ほとんど嫌がらせの域だから、あいつはその場にいない人のモノマネしかやってくれない。

 

 

 

余談だけど、

 

 

 

そいつは山田涼介に似てるとか似てないとか言われて、調子乗ってる。

 

 

 

 

許さねえ。

 

 

 

全国のファンに闇討ちされてしまえ。

 

 

 

そいつの話で2.3本は日記書ける。

 

面白いから。

 

 

 

超、生意気だ。

 

 

 

 

ゴハン奢ってやると、

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさんはイイ財布ですね!!」

 

 

 

 

 

とかほざく。

 

 

 

 

ジャニーズファンの皆さん、こいつです。

 

 

 

殺っちゃってください。

ライナウ。

 

 

 

まあ、

偽山田の話はまた今度ね。

 

 

 

 

 

何の話?

 

 

 

 

 

ああ、うんこ王子だ。

 

 

(あ、そのまま書いちゃったよ。まあ、いいや)

 

 

 

 

王子(って書こう)を

あのガーリーな部屋に投じた時の衝撃やたるや。

 

 

 

 

 

完全に世界の均衡が崩れた。

 

がらがらがしゃん。

 

 

 

 

 

シン・ゴジラぐらいの破壊力

 

ごめんね、おかん。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、シン・ゴジラ見逃したなあ。惜しいことをした。

 

 

 

 

 

秀逸な曲タイトルと映像美でバカ売れした入れ替わる方の映画は見たんだけどね。

 

 

 

 

 

いやぁ、ジブリとは違う美しさを作り上げてましたねぇ。

 

 

 

 

 

まぁ、私は心が汚れてるので、途中で寝ちゃったんですけど。

 

 

 

それ言ったら、まだピュアッピュアな弟に軽蔑の目を向けられた。

 

 

 

 

彼の手にはしっかりと

your nameのパンフレットが握られてた。

 

 

 

買ったんかーい。

 

ごめんね、弟よ。。。

 

 

 

 

外国では君の名は、は

your name っていうらしい。

 

 

 

Jeffがおっきなお腹揺らしながら、ものすごい巻き舌で

 

 

zen-zen-zen-say!って

言ってた。

 

 

 

 

弟の話も面白いんだな、

これが。

 

 

 

まず、

オカンのDNAが頑張ってくれちゃったおかげで、三人とも同じ顔してるからね。

 

 

 

 

中学の頃、

たまたま私と弟が並んで歩いてるのを見た留学生が、

 

 

 

 

 

 

 

"Wow! You are the same face!"  

 

 

 

 

 

みたいなことをしきりに言ってた。

 

 

 

 

ホワイジャパニーズピーポー!ってやつだ。

 

 

厚切りなジェイソン。

 

 

 

 

 

 

そんな事はどうでもいいんだ。

 

 

私は王子の話をしたいんだってば。

 

 

結論から言うと、

王子は私には合わなかった。

 

 

 

上の写真でミドリムシの先端みたいなとこに頭を乗せて、

 

 

 

 

要は枕を抱き寄せる感じで寝るんだけど、

 

 

 

 

確かに抱き心地は王子級でも、

 

 

 

その頭乗せる部分の高さがいまいち私には合わなかった。

 

 

 

 

数日使ったら、めちゃめちゃ肩を凝るようになった。

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

どうせなら、

 

本物の王子に抱きしめられたいものだね。。

 

 

 

 

 

しみじみ。。。

 

 

 

 

 

そんなわけで、

 

我が家の王子は薔薇模様の

押し入れが城になっている。

 

 

 

 

で、そこから私のクエストは一旦、低迷期に突入する。

 

 

 

 

おかんがどっかで適当に買ってきた、ぺちゃんこの低反発まくらでしばらく寝ていた。

 

 

 

 

低というか、 

 

もはや、ゼロ反発。

 

 

 

 

厳しくしつけされた

大人しい子みたい。

 

 

 

 

素直なのはいいんだけども、

 

こりゃあかんということで、

 

 

 

私は最近お気に入りの

無印良品ストアに行った。

 

 

 

以前、ここで

通称・ひとをダメにするソファを買った。

 

 

 

 

 

せっかくだから、

ご覧にいれよう。

 

 

 

 

今、これを大学で書いてて写真が撮れないから、

ネットの拾い画だけど。

 

 

 

 

でも、家にあるやつと全く同じ。

 

 

 

では。

 

 

 

 

いざ、尋常に。

 

 

 

 

どどん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UNKO!!!

 

 

 

 

 

 

アゲイン!!

 

 

 

 

紆余曲折を経て、

再度舞い降りた、

その名もunko.

 

 

 

 

 

冗談じゃない。

 

 

お前に構ってると、

話が前に進まないんだ。

 

 

 

歯を食いしばって、

お前をチョコレートカラーだってことにする。

 

 

 

なんかガーリーじゃない?

 

 

 

このチョコソファはだな、

 

座ると体が沈むようになっていて、重心が後ろに下がるから、

 

 

なかなか立ち上がる気にならない。

 

 

 

ひとをダメにする、の前評判は伊達じゃない。

 

 

 

で、まんまとダメになった私はチョコソファの生みの親、無印良品に出かけて、

 

 

もうめんどくさいから、

途中経過を省くと、

 

 

7000円出して、どデカい枕を買った。

 

 

 

そしたらデカすぎて、

肩むっちゃ凝った。

 

 

 

 

 

やまいぬの旅

to be continued....

 

 

 

って、そもそも、

これ何の話だっけ。

 

 

 

そうだ、今日は

「王様みたいな枕が欲しい」話だった。

 

 

 

じゃあ、この話はまた今度。

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ