読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った。

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

「女子」という記号を纏う

  f:id:hetareyamayama:20170116224527j:plain

 

「女子」という記号を

纏うって何ぞや、

 

という話がしたい。

 

 

 

 

 

 

ひとまず、昨日の日記の一部を抜粋。

 

 

 

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

ざざっと、私の外見について

描写してみる。

 

 

 

 

 

 

 

おさえめの茶髪ゆるふわに、

 

 

 

 

 

 

 


淡いオレンジ系でまとめた

メイク

 

 

 

 

 

 

 


服はワンピースが多い

 

 

 

 

 

 

 


靴は必ずハイヒール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、どんなに忙しくても イヤリングとネックレスは

つけるようにしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指には、

これまたサーモンピンクのネイルに

 

 

 

 


華奢な花の形をした指輪をつけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、頑張ってるんちゃう?

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が、抜粋だ。

 

 

 

 

 

 

 

もう少し細かく、

ある一日の私の服装について、描写してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、絵を描いてみてもいいんだけども。

 

 

 

 

 

 

 

 

百聞は~って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、ほら、あれだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サモトラケのニケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは、腕と顔が欠けてるからこそ、美しいんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かの本に書いてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不完全の美だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は見えないからこそ、

 

想像力が掻き立てられて、

 

各個人にとっての理想の美女が現れるんだと。

 

 

 

 

 

 

だから、

 

ニケの腕を

 

CGやら何やらを

駆使して再現する

 

なんていう野暮は

 

やめんさいって話だった。

 

 

 

 

無粋だってさ。

 

 

 

 

 

 

これに似たようなことは、

 

女の子の「可愛い」論にも通ずるものがあるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロリコンなんて、

まさにそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未完成、未成熟の美だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういや、どっかのネット記事で、漢字オタクの外国人が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Kanjiって最高にクールだよな!

 

 

 

 

 

 

 

 

妹って、未だ女じゃないって意味だろ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人は天才だ!

 

Moeの文化だな!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

とか何とか言ってたよ、みたいなの読んで面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いいや。話を戻す。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく文字だけの描写の方が、イマジネーション刺激してイイ感じだから、

 

 

 

 

 

頑張って書いてみる。

 

 

 

 

やってやるぜ、文学部。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の私の服装はだな、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いオフショルダーのニットワンピが

 

まず、知らんうちに

たわわに育ったおっぱいを

存分に強調している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼいーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、

アイスブルーのノーカラ―のコートには

 

ファーがこれでもかってくらい、ついてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もさぁふぁー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

靴は黒のチェック柄のショートブーツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつつーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今の私は、

 

 

 

 

 

 

 

おかんと今さっき喧嘩した上に、

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日19時更新とかほざいて、

 

早速〆切を過ぎ、

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも今日の0時〆切の全く聞いてない授業のレポートがさっき発掘され、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに明日の5限がまさかの授業内テストらしいという噂を聞きつけ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにもかくにも、

ぶち切れそうになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだ、MK5というやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Maji de Kireru 5 byo mae.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰だこんな頭悪そうな

フレーズ考えたの。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで英作大嫌いな

ダメ大学生のやまいぬは

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE翻訳を召喚ッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

どどん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Before 5 seconds when I get angry really.

 

(私は本当に怒る5秒前です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気に食わねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文法っつーか、最後が

リーリーかぶってて、

うっとうしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の若者言葉で一番解せないのは、

 

あれですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KS.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kidoku Suruu(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうね、アホかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スルーって言ってる時点で、つづりの頭文字は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tだよ、馬鹿やろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

throughだわ、ボケなすび。

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様はナスビ食ってろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生のくせに彼氏作ってんじゃねーぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼氏よこせオラァ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこと言ってるから!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこといってるから、

彼氏できないんだよう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

デート行ってから、

音信不通にされるんだよう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

あああああ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話!?

 

 

 

 

 

 

 

 

ねえ、何の話!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち着けよ、やまいぬ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、私がブログで言いたいのはだな、

 

こんな事じゃないんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

女子は皆、可愛い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

または、可愛くなれるという話がしたいの。

 

 

 

 

 

 

 

 

この前、成人式だったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、思ったわけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子は皆、お姫様なんだなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

私、何言ってるの? 

 

大丈夫か??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いいや。先へ行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

「可愛い」または

「魅力的(ここでは外見の話)」

 

ってのは、

 

 

 

 

 

相対評価じゃなくて、

 

絶対評価なんだなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりだね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬという一匹のメスがいるとして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徹夜明けの

すっぴんボサ眼鏡が

 

0点もしくは

マイナス値だとして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成人式の晴れ着にプロの手によるメイクが施された状態を

 

100だとしたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬという1人の人間もここまでふり幅がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットなり、恋して表情が柔らかくなるとかで、Max値も固定じゃないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、逆もしかりだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、それは至極当然の事なんだけど、この事実を普段忘れてるなって思ったの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは換言すれば、通常モードも自由意志で、好きな値に設定できるということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、一番大事な気づきは、

そんなに世間は鬼じゃないってことだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、

自分のバロメーターの中で、普段から、そこそこ高い値をキープしてれば、

 

 

 

 

 

 

 

けっこう周りから「可愛い」って言われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは私にとって、

 

青天の霹靂だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お日様ピカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷ゴロドカーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬ史上、

 

人から「可愛い」なんて言われるのは

一大事件だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はガッキーにも、

石原さとみにも生まれ得なかったから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おブスとして生きて行くのが宿命づけられてるのだと絶望してた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡も写真も大嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の顔を見る度にがっかりしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

髪にリボンをつけて行っただけで、

 

笑われてたような中高生時代だったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがどっこい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと、自分に似合う服装をして、メイクをして、アクセサリーをつけるだけで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうも変わるのかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。ちゃんと勉強することが大事だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目を背けないで、

 

すっぴんの自分と、

 

裸の自分と、向き合うことが。

 

 

 

 

 

その上で、

 

自分の伸ばすべきとこと、

 

カバーすべきところを

 

丹念に観察する。

 

 

 

 

 

 

これって、メイクや服装の話だけに留まらないんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の私は自分が嫌いだと嘆いて目を背け続けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、最近思うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、なんて自分は幼いんだろう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、嘆いても仕方ないじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配られたこのカードで生き抜くしかないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなら、嘆くより、戦略を練った方がワクワクする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケモンみたいに、自分という人間を、レベルアップさせるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、何かすっごい奴に進化するかもしれないじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がおー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっき、私は絶対評価だと書いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「評価」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他者から値を付けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他者には自分自身も入ってるのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡や、ショーウィンドーに映った自分を目にした時、無意識に自分に点数をつけていないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言えば、「お、良い感じ」と思うか「あちゃー」と思うかくらいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その判別にかかる時間は一瞬だけど、その小さな積み重ねが自己肯定感を左右する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間は鬼じゃないし、そこに含まれる自分も鬼じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとお洒落した自分は、

 

佐々木希じゃなくても、

 

「おっ良い感じだぞ」って思えるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を好きになれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、今回のテーマの「女子」という記号という話だけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は服装で自己表現しようとは思ってない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

没個性、おおいに結構。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、私にはファッションのセンスが皆無だからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りに古着屋巡りが趣味で、

 

個性的なファッションライフを謳歌してるやつがいるんだけど、

 

私には無理だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アビリティの問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理なもんは、無理や。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、てっとりばやく私はワンピースばっか着てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっはっは。

 

どうだ、ズボラだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

または、マネキンのコーデをそのままお買い上げしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっはっは。

 

 

 

 

 

 

 

 

その古着大好き男に、

 

 

 

 

 

 

 

「お前は何が楽しくて生きてるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか聞かれたけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は自分のことを嫌いにならないで済む、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着るとちょっとだけウキウキする服を何着か着まわして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、浮いた時間で、例えばこうやって文章書いたりできれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

万々歳だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっはっは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余計なお世話じゃ、

 

なすび男め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか、日々の自分の平均値を上げる努力をしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は習慣の生き物だから、

 

最初は面倒くさくても、

 

慣れれば、

むしろそれが普通になる。

 

しなければ、むしろ違和感だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言い聞かせて、私はなんとかこのブログを続けていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張れ、やまいぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンワン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単位もぎとれ、やまいぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワン。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、忘れちゃならないのが、

 

中身の方だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落なんて、そこそこ頑張って、とりあえずボーダーライン越え目指せば良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心なのは、中身だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなにお洒落しても、思想や生き様は顔に出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残酷なほどに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成人式の後の同窓会で、

 

愕然とした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

華やかに着飾ったパーティー会場だったのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか、がっかりしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代、あんなに私が遠くからこっそり憧れていた女の子たちの大半は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか、ただの派手派手しくて、騒々しいだけの小娘になってしまっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、あんなに高校時代、地味で冴えなかった子が、

 

 

眩しいくらい

 

素敵な淑女になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間、顔じゃない。

 

顔つきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャネルのバッグを持てば

良いってわけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代、

全然クラスに馴染めなかった私は、数少ない友人と、

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティー会場の隅っこで

酒盛りしながら、思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酔っ払って、ビールを盛大にこぼしたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっしゃあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梨汁?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃうねん。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失恋した時、

 

10年後に面白い事が起きらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同窓会で頭が禿げ上がって、

すっかりくたびれた彼が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やぁ、久しぶり」

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

なんて声かけてくるって話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれと、まんま同じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、私は

 

「眠れないほどおもしろい 百人一首

 

(板野博行・三笠書房

 

ってのを読んでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しみじみ思わされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、

 

知性って、

 

エロいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロうぃー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊び心溢れる風流な歌の数々に、

うっかり惚れそうになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔は皆さん、

 

引目鉤鼻だろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、あれじゃん。

 

 

 

アラビアン物語で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一晩共にすると女の人を殺しちゃう王様が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話上手の女だけは、つづきが気になって生かし続けた、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知的なエロイイ女になりたいものだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

単位も取りたいものだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私が好きな百人一首は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第15番

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「君がため 春の野に出でて 若菜つむ

 

 

 

 

 

 

 

 

わが衣でに 雪は降りつつ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてピュアなんだ、

 

光孝天王。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰か私にも、若菜でもぺんぺん草でも摘んでくれ。頼む。

 

 

 

 

 

 

 

 

プリーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百人一首は後期のやたら技巧的なのより、

 

シンプルな初期の歌が好きだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年、従妹たちと百人一首をやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従妹の中2のみーちゃんが

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分は可愛くないから

お洒落しても似合わない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、嘆くから、

 

 

ルミネ連れまわして、

お年玉1万円以内で

フルコーデ探してあげた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から下まで着替えた

みーちゃんは、

 

けっして派手ではないけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと本人の要望通り、

 

甘すぎないコーデでも、

 

 

 

 

 

 

 

しっかり、

 

ばっちり、

 

可愛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅力的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、120回ぐらい、

 

可愛いって言ってあげたら、

 

恥ずかしそうに笑ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちまで照れちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に優しくできるのに、

自分自身にはひどい言葉や

目を向ける人がいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなの、

 

悲しいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分こそ、一番の相棒でありたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、一生、自分は自分だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛すべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛す可し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、ことだ。

 

 

 

恥ずかしがらずにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、『「女子」という記号を纏う』という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは、また今度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ 

 

 

 

 

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†

 

 

 

 

マルバツサンカク
君に私の満点をあげる
花丸つけて よくできました

ご褒美のデート 観覧車乗ろう