読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った。

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

おっぱいという神秘を語ろう

 

 

 f:id:hetareyamayama:20170117234747j:plain


おっぱいという神秘について語りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ何日か真面目な話が続いてたからね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬという人間はだね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっぱいがデカい

 

 

 

 

 

 

 

ぼいーん

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼいんぼいーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様は美人な顔はくれやしなかったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっかいおっぱいはくれたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言っても、私は長らくそんな自覚なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は女子高出身だ。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、中高一貫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、中高時代は、胸はちっちゃかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも隣の席の若林が、それはそれは巨乳だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼいーん、どころじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どかーん、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、胸が歩いてるって感じだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

walking oppai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子高の悪いとこで、みんな若林のおっぱいを、

挨拶替わりに触りまくってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪のビリケン人形みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撫でたら、願いが叶うみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若林の一家は皆、巨乳らしくて、

そのサイズが普通なんだと思ってたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

入学して、今日のJC・JKの危機的なおっぱい事情を目の当たりにして、

それはそれは、驚いたそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

持つものは、持たざる者の嘆きを知りえないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

くわばらくわばら。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のおっぱいとの出会いは、ある漫画だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

らんま1/2

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノの先生の家に全巻揃ってたから、しょっちゅう借りて読んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水かぶって、女の子になったらんまが、

トランクスに、おっぱい丸出しで天童家の廊下をばたばた走ってるのを、

ドキドキしながら読んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一巻で、らんまが間違えて、お風呂場で着替えてたあかねを目撃してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒るあかねに、女らんまが平然と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の裸見慣れてっから、どうでもいいし。

それに、俺の方がプロポーション良いしな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

らんまが、あかねに「ずん胴!ずん胴!」って言う度に、

私もあかねと一緒になって怒ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、私のおっぱいとの出会い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はグラマラスなんて、単語とは無縁の人生を送るんだと思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したら、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、やまいぬのおっぱいライフに待ったをかける人がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でたー。

記念すべき第一回目のブログに登場したダンディ先輩だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は大学2年の時に、サークルで関わるようになったんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会う度に「やまいぬは今日もおっぱいでっかいなー」

と言ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冗談よしこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この先輩は会った当初はただの紳士だったのに、

回数重なるうちにセクハラ発言をかますようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、ダンディ先輩が「いやー今年の2年は巨乳が多いよなぁ。やまいぬとか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われたのが最初だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんまり何度も言うもんだから、最近やっとその自覚を持ち始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達に、「ねぇ、私って胸でかいんか…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

って、恐る恐る聞いてみたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまで楽しくゴハン食べてたのに、

空気が一変してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツンドラ大寒波が押し寄せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもむろに箸を置いて、地獄のサタンみたいな声で彼女は言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私はな、毎日毎日、鏡を見る度に、この貧しい胸を恨めしく思って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっぱい体操も毎晩やってるってのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ?それで、小さいっての?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺すぞ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われた。もう、むっちゃ怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうかぁ。じゃあ、私、ブラ買った方がいいのかなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、言ったら胸倉掴まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ? オイ犬公。 今、なんつった???」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、だから、私、スポブラなんよ、いm…」

 

 

 

 

 

 

 

 

グーで殴られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い切り、ほっぺた、ブン殴られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛い。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前のその胸、もいでやろうか!!!!!

乳、粗末にしてんじゃねぇ!!!!死ねぇ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃもう、しこたま怒られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしいことに、私は自分の胸のサイズさえ知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとお店でサイズ測ってもらったら、

遥か昔に測った時より2サイズもデカくなっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信じがたくて、下着屋さん2件はしごして測ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「見せる相手もいないくせに」ってブツブツ言うオカンに、

ちゃんと可愛い大人のブラを買ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラって、高いのな。びっくりしちゃったよ、おいら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は1個だけ恐る恐る自分で買ってみて、でも1個だけじゃ話にならんと思って、

母上に頼ったわけだ。大人って、すごいぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカンちゃんは私なんかより、さらに胸大きいんだけど、

それイジると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん、人のこと言えないですよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、怒られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん! スカート短いです!

心配かけないでください!!」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかんみたいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩にある日、言われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いいか、やまいぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前はな、コナンみたいなもんだ。逆コナン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体は大人、頭脳は子ども。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かやまいぬって、木登りする少年みたいな心なんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目きらきらさせて、カブトムシに手を伸ばしてるんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君は女の子なんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのね、木に登ったら、パンツも見えるし、

胸もはだけるの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、見ててハラハラしてるの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やまいぬがあんまり純粋な目をしてるから、

夢を壊すようで、皆、何も言えないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、俺が皆を代表して、代わりに言ってやろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸、もませて?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩が思いがけず、人気だったから、

もう少し書いてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は、あの人に似てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿部寛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ほんとだって。

テルマエ・ロマエ出れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、服がめちゃくちゃおしゃれだ。

なんか、高そうだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レミゼラブル時代の、ヨーロッパの上流階級みたいな恰好してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンチング帽? とかかぶってる人、(しかも似合う)

初めて見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、彼女さんも美人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマの休日オードリー・ヘップバーンに似てる。

ショートカットで色白、大きな瞳。顔ちっちゃい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺、よく、

 

 

 

 

 

 

 

 

『お前らのカップルのエッチは何か見てみたい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われるわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに。

 

なんか、美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、「おっぱいという神秘について語ろう」という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト期間だから、短めです。

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは、また今度ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――

 

 

ミルクティを飲み干して
大好きな君を 盗み見る
目が合って ふふふ と笑う
「可愛いですね」って 君だよ それは