やまいぬは書かねばと思った

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

愛しの彼を紹介したい

 

 f:id:hetareyamayama:20170120183330j:plain

 

 

 

 

そういや彼をまだ紹介してなかったね

 

 

彼を紹介したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイコンでこちらにそのつぶらな目を向けている

彼である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼はオーストラリア生まれである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前はまだ無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘。ちゃんとあるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼の名前はハイゾー。

次の夏で、5才になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼との出会いは私が高1の時に行った

留学だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学?

 

 

すごいな、やまいぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事を思ったかい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学とは名ばかりの、

たった2週間のホームステイでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに覚えた英単語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ママさんが作ったごはんの感想

 

 

 

 

 

 

‘”It’s so tasty, mom!”

 

「とっても美味しいよ、ママ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tasty 〔téisti〕 

「(形)美味しい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今調べたら出てきたんだけど、

Deliciousとtastyって、なんか使い分けがあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、いいや。

 

次、行きますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビでオリンピック観戦中にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Wow! It’s so tricky! ”

 

「うわぁ、とっても巧みだね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tricy 〔tríki〕

「(形)巧妙な」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上である。

これが私の2週間の学びだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ははは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のホームステイ先には姉妹が住んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の一つ年下のお姉ちゃんと、

私の六才くらい年下の妹ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に妹ちゃんと仲良くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、大きな大きなお家の中で鬼ごっこやら、かくれんぼやら、

折り紙やら、ジェンガやら、ハイスクールミュージカルごっこをやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※やらされた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は昔から、よく言えば

親しまれやすく、悪く言えば、なめられがちだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高の部活の後輩には、雪合戦の時、

私だけ寄ってたかって、集中攻撃された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部長には「えーい! わーすみません!」

とか可愛らしく言うくせに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には、バケツごと雪ぶっかけてきやがった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいつら、容赦ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慈悲がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血も涙もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、敬意もない。

 

私という人生の先輩への。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学のサークルでも、

 

 

後輩が頑張ってるから、顔見せついでに

 

 

差し入れ持ってってやったら、嬉々として走ってきて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うわ、やまいぬだ!! 誰か塩持って来いよ!!」

 

 

 

「やまいぬ~ どうしたの、暇なの~?」

 

 

 

「んだよ塩味かよ、

これだから、やまいぬはセンスねぇんだよ!」

 

 

 

「やまいぬさん、今、私たち忙しいので、また今度、遊んであげますね」

 

 

 

「おい、やまいぬに近づくと呪いかけられて、

一生、彼女できねぇぞ!」

 

 

 

「うわぁあああぁ、逃げろぉおおお!!!」

 

 

 

「やまいぬさん、今日、お洒落ですね~」(←ミカン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いじめ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメ、絶対。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、話を戻すけど、

ホームステイ先の妹ちゃんも最初は人見知り全開だったのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だめ~ やまいぬは足速いから、もう一回鬼やって~」

 

 

 

「やまいぬ、絵へたくそ~」

 

 

 

「日本人のくせに何でそんなお喋りなの、やまいぬ変なの~」

 

 

 

「やまいぬのThank youの発音、ウケる~」

 

 

 

みたいな感じで、それはそれは懐いてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに前にホームステーした奈々子とやらが、

ちっとも会話をしようとしなかったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校では、他の日本人と群れてばっかだし、

家では、電子辞書とケータイを話さなかったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もそんな英語は得意じゃなかったけど、

鬼ごっこなんか世界共通らしくて、すぐ仲良くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、聞き取れなくて大変だったことも

何度もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、グランマさんがやってきて、

私に沢山、話しかけてくれたんだけど、ちんぷんかんぷんだった。

 

 

 

 

 

 

 

かろうじて、

 

「私も日本行ったことあるわYO!! 良い所よねYeah!! チェケラー!」

 

みたいな事を言おうとしてるのだけ分かったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ゴツいピアスと指輪、サングラスつけたなかなかファンキーな

おばあちゃんだった)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が適当に

 

 

「アハン? イエスイエス?? オウ、レアリイ?」

 

 

とか言ってたら、妹ちゃんがとことこ近づいてきて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だめだよ、ばーば。

 

やまいぬ、これ絶対、意味分かってないよ!」

 

 

 

「アラ、そうなの? やまいぬったらHahaha!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、言ってるのだけ、

悲しいほどに聞き取れてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうだ。熊だよ。ハイゾーだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の由来は、そこのお家で飼ってた

黒いワンコの名前がHazelだったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、カタカナで書くと、ハイゼル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、耳で聞くと、

何回聞いても「ハイゾー」に聞こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「古風な日本男児みたいな名前だね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか何とか言ったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「違うの、やまいぬ。

よく間違えられるんだけど、ハイゾーは女の子なの」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつは失礼。Miss.ハイゾー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に帰る、何日か前にぬいぐるみ屋さんに

ママさんが連れてってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこはぬいぐるみを作ってくれるお店で、

 

いろんな色した熊の毛皮が沢山、吊るされていた。

 

 

 

 

 

そこから、ひとつ好きな皮を選んで

お姉さんに渡すと、

 

 

お姉さんが、掃除機のホースみたいなやつで、

 

 

毛皮に綿を入れてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洋服も好きなのを選べる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お姉ちゃんが「このオーストラリアの国旗柄にしなよ!」

って、言ってくれたんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はハチミツ大好きな黄色い熊さんの着ぐるみに

一目ぼれしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はフードもついてたんだけど、

かぶせてみたら、ハイゾーが黄色い彼に丸飲みされる間際

みたいな感じになっちゃって、ちょいとグロテスクだったから断念した。

 

 

 

 

 

「じゃあ、お嬢さん、この子を抱きしめてあげて」

 

 

「オーケー」

 

 

「綿はそれぐらいで良いかしら?」

 

 

「オーケーオーケー」

 

 

「じゃあ、これをあげるわね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡されたのは、小さな赤いハートだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これは、この子…えっと、名前は?」

 

 

 

「ハイゾーです」

 

 

 

「ハイゾー君?」

 

 

「(私のハイゾーは男の子にしようかな)はい。ハイゾー君です」

 

 

「じゃあ、これはハイゾー君の心臓だから、

お母さん、心を込めてキスしてあげて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、人生最初のキスだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゅっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お姉さんはその小さな心臓を

ハイゾーに入れてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、綿を入れてしまってたから。

心臓はお尻のとこになったんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にお尻をちくちく縫って、

ハイゾーはめでたく誕生した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に帰るぎりぎりまで、妹ちゃんがハイゾーと仲良くしてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに、本家のハイゾーちゃんに

噛みつかれて、よだれついたりしたけど。

 

 

 

 

「ごめんね、やまいぬ! ハイゾーがハイゾーかじっちゃったの!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

異国で何度も呼ばれる自分の名前は、

なんだか新鮮で嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

また、行きたいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「愛しの彼を紹介したい」という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはまた今度ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――

 

 

君の隣でお鍋をつつく

ふふふ 楽しい チゲ鍋パーティー

別に君に恋してないけど

君の事 好きだよ 仲良くしてね