読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った。

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

さぁ、恋の話をしようか

f:id:hetareyamayama:20170124003447p:plain


 

今日は、恋について、話したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにオードリーヘプバーン先輩曰く、

 

「やまいぬは恋愛話をしてるのが一番、ウケる」そうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、けっこう真面目な日記を書いて、

 

Twitterで「やまいぬさん、しっかりしてますね」

 

だなんて言われてしまって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこと、私の友人たちが聞いたら、噴飯ものだ.

 

 

ついでに鼻から牛乳とかパスタも出るぐらいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今日の午前中までは、思い切り低俗なネタを書こうと思ってた。

 

 

 

 

 

 

大学1年の夏に、手ぶらの状態で、夜の大学に皆に置いてけぼりにされて、

 

うんこ漏らして、泣きながら帰った最悪な夜の話とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ学科の、詩が上手い菅田将暉に2週間で失恋した話とか。

 

 

 

 

 

 

ブラジャーつけるときは、胸を手で寄せてからつける、

 

という事を最近知って、自分の谷間を初めて見て感動した話とか。

 

 

 

 

 

 

地元の整体師のお兄さんが、仮にも、花の女子大生である私のお尻を、

 

全くの無感動で鷲掴みにしてくるから、甚だ遺憾である、って話とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が人生で初めて痴漢にあったのは、高2のディズニーランド帰りの深夜の電車で、夢の国の余韻をぶち壊しにされた上、その話をしたら、

 

 

 

 

 

 

「やまいぬが痴漢にあったらしい」

 

 

 

「何それ、ウケる」

 

 

 

 

「やまいぬ触っても楽しくないだろ」

 

 

 

 

「痴漢は女なら誰でも良いって、本当だったんだ」

 

 

 

 

 

 

みたいな失礼極まりない話題が、クラスを駆け巡った話とか。

 

 

 

 

 

 

そんなことを書こうと思ってたんだけどね。

 

 

 

 

 

それは、またの機会に。

 

 

 

 

 

今、これを書いてる横では、レミオロメンが「粉雪」を、

 

それはそれは、感動的に歌ってくれている。

 

 

 

 

 

 

こんなの聞いてたら、とてもじゃないが、うんこ漏らした話なんか、

 

書く気が失せた。

 

 

 

 

 

 

だから、今日は「粉雪」が似合う話をしよう。

 

 

 

 

 

 

それは、

たぶん恋だった。

 

 

 

 

 

 

Twitterを前からフォローして下さってる人なら、ご存じだと思うのだが、

 

 

 

 

 

私はついこの間まで、後輩男子に夢中だったのだ。

 

 

 

 

 

私はTwitterでよく4行詩(のようなもの)をつぶやくんだけど、

 

 

 

 

 

当時、それはもっぱら、彼のことだった。

 

 

 

 

 

 

彼に会えない寂しさを、私を好きだと言ってくれない苛立ちを

 

一体、彼は何を考えているんだろうという不安を、

 

とてもじゃないが抱えていられなくて、言葉に乗っけて、つぶやいた。

 

 

 

 

 

 

 

とんだ恋愛脳おんな、なのである、私という人間は。

 

 

 

 

 

 

ある意味で、それは仕方ないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

だって、私は中高女子高育ちだ。

 

 

 

 

 

 

 

小学校の男子は女子の半分しかいなかった。

 

 

 

 

 

 

中高時代は女の園で少女漫画と月9を主食に育った。

 

 

 

 

 

 

 

予備校に通うようになって、生身の同世代の男子を見た時の衝撃たるや。

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

で、でかい……

 

 

 

 

 

 

 

ひ、ひげが生えてる……

 

 

 

 

 

 

 

ム、ムキムキしてる……

 

 

 

 

 

 

 

声が低くて、聞き取れない……

 

 

 

 

 

 

 

露骨に可愛い女の子にデレデレする……

 

 

 

 

 

 

怖い……

 

 

 

 

 

 

なんか、思ってたのとだいぶ違うぞ、

 

と、目の前の現実(三次元の男子)に言葉を失った。

 

 

 

 

 

それもそうだ、私の中では、男子という生き物は小6で

 

 

時が止まっているのだから。

 

 

そりゃあ、ヒゲだって生えるだろうさ。

 

 

彼らは何も悪かない。

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、最初は男子という未知の存在にびびりまくってた私は

 

 

大学に入学してからは、反動なんだか知らないが、

 

 

今度は片っ端から、惚れまくった。

 

 

そりゃあ、もう惚れまくった。

 

 

 

 

 

 

結果は、見事に連戦連敗なんですけどね。

 

 

 

 

 

けっ

 

 

 

 

 

 

元気かなぁ、中原くん。

 

 

 

 

 

 

大学入って、最初に好きになったのは、君だった。

 

 

君に会える毎週火曜3限の授業が楽しみで仕方なかった。

 

 

君への告白が人生最初だったよ。

 

 

 

 

 

 

ああ。

 

 

 

 

 

 

しつこく食い下がった挙句、

 

 

テスト期間中だってのに、LINEで逆ギレして、

 

 

冷静になってから、とんでもない事したと思って、

 

 

謝罪と君の幸せを願うメッセージを送ったら、

 

 

すでに君にLINEブロックされてて、ついに私の言葉は届かなかった。

 

 

 

 

 

記念すべき、私の大学失恋デビューである。

 

 

本当にあの時はすみませんでした。

 

 

その後、私は出家しかねない勢いで反省しました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、座右の銘が「転んでも、ただでは起きない」の私は

 

 

この経験をベースにファンタジー小説書いて、当時所属してた

 

 

文芸サークルの部誌に掲載したら、

 

 

 

 

 

 

「主人公が、ネガティブ過ぎて、感情移入がまるで出来ない」

 

 

「相手の男子がクズ過ぎて、そもそも何で恋に落ちるのか分からない」

 

 

「ていうか、私怨で小説書くんじゃねぇ」

 

 

 

 

 

 

と。評価は散々で、私はその夜、枕をびしょびしょに濡らした。

 

 

 

 

 

 

うぇぇ……

 

 

 

 

 

 

 

そういや、大学1年の頃は、受験ヒステリーを抜け出せなくて、

 

 

しょっちゅう親友に夜中、電話をかけていた。

 

 

 

 

 

 

 

「私、うえーんって泣く人、やまいぬが初めてだよ」

 

 

って、言われた。うえーん。

 

 

 

 

 

 

あの頃、彼女がいなかったら、私はどうなっていたか分からない。

 

 

 

 

 

 

彼女は命の恩人だ。

 

 

一生、頭が上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

何の話?

 

 

 

 

 

 

 

そうだ、後輩くんだ。

 

 

 

 

 

 

 

「変な奴だなぁ」

 

 

 

 

 

 

これが彼の第一印象。

 

 

 

 

 

後から聞いたら、あっちも私のことを

 

そう思ったそうな。

 

なんて嬉しくない両思い。

 

 

 

 

 

「女に思えない」と男子の中で悪名高い、この、やまいぬ様を

 

 

「可愛いですね」なんて、さらりと言ってくるので、

 

 

うさんくさくて、気味が悪かった。

 

 

 

 

 

 

しかも、仕事(作業?)が出来なくて、下手くそで、

 

むしろ、嫌いだった。興味ゼーローである。

 

 

 

 

 

 

 

さて、去年の冬の初め、

 

 

「やまいぬさん、ご飯行きましょうよ!」

 

 

と、言われた。

 

 

 

 

 

前々から何度か言われてたんだけど、

 

 

社交辞令だと思って、適当に受け流していた。

 

 

 

 

 

 

どうせ、ご飯奢ってほしいんだろう、と。

 

 

 

 

(私はよく、後輩奢るんだけど、その度に

 

「やまいぬさんって、イイ財布っすよね!」とか満面の笑みで言われる)

 

 

 

 

 

 

「俺、奢ってもらわなくて、いいんで!

 

 

自分の分は、自分で払いますから!

 

 

だから、俺とご飯行きましょう!」

 

 

 

 

 

 

 

ときめいた。

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ、ときめいた。

 

 

 

 

 

だから、ついでに映画も観ようって誘った。

 

 

 

 

 

 

ついでのついでに、映画始まるまで、ルミネぶらぶらした。

 

 

 

 

馬鹿みたいに、楽しかった。

 

君との時間は。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、君と居酒屋に行った。

 

 

安い中華が並ぶ机で向かいあって、私は急に何を話していいか

 

 

分からなかった。

 

 

 

 

 

 

 

分からなかったから、酔うことにした。

 

 

 

 

だめなやつでしょう、私は。

 

 

 

 

 

寝ぼけながら、色んな話をした。

 

 

 

 

 

君に笑ってほしくて、一生懸命、話した。

 

 

 

 

 

 

君がトイレに立った時、つい油断して、

 

 

うとうとして、ふと目を開けたら、君が私の顔を撮ろうとする寸前だった。

 

 

 

 

 

あの時は怒ったけど、本当は内心、嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

私が机につっぷして、うだうだ言って、

 

 

こっそり君を見てみたら、君はひどく優しい顔で私を見てた。

 

 

 

 

 

 

 

私、この人が好きだなって思ったよ。

 

 

 

 

 

 

 

何でそんな顔すんのって聞いたら、

 

 

 

 

 

 

 

「先輩が面白いからですよ」って言われた。

 

 

 

 

 

 

「面白いの?」

 

 

 

 

 

「面白いですよ」

 

 

 

 

 

「ふーん」

 

 

 

 

 

「俺、こういう風に見てるの、好きなんだなって」

 

 

 

 

 

「よく分かんないや」

 

 

 

 

 

「やまいぬさん、普段から、そんな風に笑ってた方が可愛いですよ」

 

 

 

 

 

 

「そっかぁ。わかった」

 

 

 

 

 

 

それは、君に恋してたからだ、とは言えなかったよ。

 

 

 

 

 

「あーあ、彼氏できたら、頭撫でてほしいなぁ」

 

 

 

 

 

って、言ってたら、

 

 

 

 

「頭撫でてぇー」

 

 

 

 

って、言うから、

 

 

 

 

 

何だ、これは需要と供給が一致してるじゃないか、と思って、

 

 

回鍋肉と黒チャーハンのお皿をどけて、

 

 

酔っ払った私は、君の手をとって、自分の頭に乗せた。

 

 

 

 

 

で、撫でてもらった。

 

 

 

 

君はびっくりしながら、「先輩、犬みたいですねぇ」って、笑って

 

 

しばらく私の頭を撫でていた。

 

 

その手もやっぱり優しかった。

 

 

 

 

 

 

Twitterを始めた時、だから名前は「やまいぬ」にした。

 

 

 

 

 

今は、君に恋していない。

 

 

 

 

 

 

君に恋するのを、やめたんだ。

 

 

 

 

 

無理なんだなって、なんとなく分かったから。

 

 

 

 

 

 

銀色夏生さんの詩集を読んだ。

 

 

 

 

 

「ひかりのいと」

 

 

 

 

 

その中のひとつの詩を読んで、ふんぎりをつけた。

 

 

 

 

 

横書きになっちゃうけど、載せてみる。

 

 

 

 

 

 

「恋する少女を力づける言葉」

 

 

心がひきあっているなら

 

どんな障害があっても

 

自然とあゆみよっていくものです

 

そこには 内気さや不安や躊躇や策略は

 

はいりこむスキがないのです

 

どうしてもすれちがってしまうとか

 

相手を思いやるばかりに強気にでれないとか言うのなら

 

それはやはりお互いに

 

それほど求め合っているのではないのでしょう

 

恋する少女を力づけるどんな言葉もありません

 

彼があなたを心の底からほしがっているなら

 

あなたがあれこれ考えるヒマもないほど

 

あっという間にさらわれているはずなのです

 

 

 

 

 

 

 

 次、粉雪が降るのはいつだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

今日は「さぁ、恋の話をしようか」という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

続きは、また今度。

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――

 

永遠なんて 歌うなよ
私は 今を生きてるのに 何故
泣いたって叫んだって 時は進む
じゃあ 笑っていよう 笑っていたいよ