読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

音楽―それは憧れと美意識の旅なのだ

f:id:hetareyamayama:20170118235716p:plain

 

音楽には、憧憬と美意識の原体験が付随するって話がしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、やまいぬは

べらぼうに眠い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故なら、昨晩、

一睡もしていないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故かって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生らしく、

 

テスト勉強やら、

レポートに

明け暮れていただろって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思うでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徹夜でカラオケしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト期間、真っ最中だってのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて、隙のないダメ大学生なんだ、やまいぬよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、違うの。

 

 

聞いて。

 

 

怒らないで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも発端は夫妻だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎度おなじみ、

ダンディ先輩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ夫妻

阿部寛とオードリーヘップバーン)の家に、

 

ミカンちゃんと泊まったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「勉強会だー!」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、私は泊まる気なんかなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レポート(は適当にやって、本命はこのブログ)を終わらせ、

 

 

私の睡眠時間と化していた、社会学の授業のプリントを

ミカンちゃんに

 

 

写させてもらおうと思ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん!

 

 

ごめんさい、私も白紙です!!

 

 

どうしましょう!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカン女!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役立たずミカン女!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前は腐ったミカンだ、

おバカさんめ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

私もだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腐ったミカン仲間だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々はソウルみかんメイトだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、夜中まで、ミカンと二人でひいひい言いながら、

 

自力で調べてプリントの空欄を埋めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じゃ、やまいぬは帰りますね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か、その場が修羅と化した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「帰りたければ、

胸を揉ませろ」って言うし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オードリー先輩は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だめだよダンディ!!! セクハラだよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わりに私が揉んどくよ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミカン!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカン助けて!!!!

私の貞節が危うい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん! 

帰っちゃいやです! 

観念してください!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼ミカン!!!!! 

裏切者!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は実家暮らしである。

 

 

オカンと弟と私は、揃いも揃って、同じ顔である。

 

 

DNAの神秘。

 

 

オトンは、あれに似てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両津勘吉

 

 

 

眉毛がむっちゃ太い。マッキーで書いたみたい。

 

 

 

私の顔にマッキーで眉毛書くと、弟になる。

 

 

 

で、オトンが、めっちゃ厳しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬに男ができたら、

 

ワシに会わせろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっとばしてやるから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまだに彼氏ができないのは、

 

オトンにも大いに責任があると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、アドレス帳には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わしじゃあ携帯」で登録してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく胸揉まれちゃかまわんので、

 

 

決死の覚悟で自宅に電話した。

 

 

背後では、ハイエナみたいな3人がサイレントで

 

 

「ほらもう遅いしね!」

 

 

「こんな遅くに女の子が出歩いちゃだめだしね!」

 

 

「今日のやまいぬ、お洒落してるのに、帰るなんて、もったいないよ!」

 

 

「やまいぬさん、可愛いですねぇ~」

 

 

「やまいぬはいつでも可愛いよ!」

 

 

「まぁ、顔は不細工だけど、愛嬌あるからなァ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は強めに蹴っ飛ばしといた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話に出たのはオカンだったんだけど、

 

意外にもすんなりOKが出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あら、ミカンちゃんいるなら、安心ね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカンの絶対的な信頼度。

 

 

水戸黄門の紋所みたい。

 

 

「このミカンが目に入らぬか!」

 

 

「汁が目に沁みましてござりまする!」

 

 

みたいな。あほらし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、OKは出たものの、

 

 

トイレの使い方から、

 

 

靴は揃えろ、

 

 

髪の毛散らすな、

 

 

行儀よくしろ、

 

 

ミカンに甘えるな

 

 

みたいなのを、それぞれ10回ずつぐらいリピートして言われた。

 

 

私が「ハイ分かりました。ハイ大丈夫です。ハイ。ハイオッケーです」

 

 

って言う度に背後で3人が腹抱えて爆笑してた。

 

 

大き目のクッション投げつけてやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたく私の外泊許可が下りたわけだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩の気まぐれが始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よし。カラオケ行くか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強はおしまい。はい着替えて~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒だから、そこからのやり取りは割愛するけど、

 

結局、朝の5時まで徹夜でカラオケする羽目になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は「We are the world」を下手なモノマネで歌い分けてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイケルジャクソンだけ、ちょっと似てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺、ムーンウォーク出来るよ」って言ってたけど、

 

私は嘘だとにらんでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、あと15の夜も歌ってたな。盗んだバイク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オードリー先輩は「残酷な天使のテーゼ」を冗談みたい美声で歌ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌ってるあいだ、これでもかってぐらい、真顔だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美声響かせるマネキン人形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白かったのは、ミカンの選曲だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

REBECCA 「FRIENDS」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンクの貼り方、分からんかったので、動画ググってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あと、SPYIR「サムライハート」とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段のんびりしてるのに、歌うのは格好いい曲ばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マイクを両手で持って一生懸命歌うミカンを見て思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「歌ってのは、憧れなんだな」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なりたい自分を歌うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


カラオケに行くと、その人が何に憧れてるのか、とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何を美しいと思うのか、美学や哲学みたいなものも垣間見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生が聞こえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、時間が無くて、今日はここまでだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この続きは、明日書こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、私の話も書きたいからね。

 

 

 

 

 

歌には思い出が鮮やかに詰まってる。

 

タイムカプセルみたいだ。

 

 

 

 

 

 


では、またお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――

 
踊る阿呆に歌う阿呆
朝まで一緒に どうか止まらず
願いは音なく 空へ消えたよ
君の声が微かに残って
 


おっぱいという神秘を語ろう

 

 

 f:id:hetareyamayama:20170117234747j:plain


おっぱいという神秘について語りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ何日か真面目な話が続いてたからね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬという人間はだね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっぱいがデカい

 

 

 

 

 

 

 

ぼいーん

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼいんぼいーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様は美人な顔はくれやしなかったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でっかいおっぱいはくれたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言っても、私は長らくそんな自覚なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は女子高出身だ。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、中高一貫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、中高時代は、胸はちっちゃかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも隣の席の若林が、それはそれは巨乳だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼいーん、どころじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どかーん、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、胸が歩いてるって感じだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

walking oppai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子高の悪いとこで、みんな若林のおっぱいを、

挨拶替わりに触りまくってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪のビリケン人形みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撫でたら、願いが叶うみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若林の一家は皆、巨乳らしくて、

そのサイズが普通なんだと思ってたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

入学して、今日のJC・JKの危機的なおっぱい事情を目の当たりにして、

それはそれは、驚いたそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

持つものは、持たざる者の嘆きを知りえないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

くわばらくわばら。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のおっぱいとの出会いは、ある漫画だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

らんま1/2

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノの先生の家に全巻揃ってたから、しょっちゅう借りて読んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水かぶって、女の子になったらんまが、

トランクスに、おっぱい丸出しで天童家の廊下をばたばた走ってるのを、

ドキドキしながら読んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一巻で、らんまが間違えて、お風呂場で着替えてたあかねを目撃してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒るあかねに、女らんまが平然と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の裸見慣れてっから、どうでもいいし。

それに、俺の方がプロポーション良いしな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

らんまが、あかねに「ずん胴!ずん胴!」って言う度に、

私もあかねと一緒になって怒ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、私のおっぱいとの出会い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はグラマラスなんて、単語とは無縁の人生を送るんだと思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したら、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、やまいぬのおっぱいライフに待ったをかける人がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でたー。

記念すべき第一回目のブログに登場したダンディ先輩だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は大学2年の時に、サークルで関わるようになったんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会う度に「やまいぬは今日もおっぱいでっかいなー」

と言ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冗談よしこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この先輩は会った当初はただの紳士だったのに、

回数重なるうちにセクハラ発言をかますようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、ダンディ先輩が「いやー今年の2年は巨乳が多いよなぁ。やまいぬとか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われたのが最初だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんまり何度も言うもんだから、最近やっとその自覚を持ち始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達に、「ねぇ、私って胸でかいんか…?」

 

 

 

 

 

 

 

 

って、恐る恐る聞いてみたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまで楽しくゴハン食べてたのに、

空気が一変してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツンドラ大寒波が押し寄せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもむろに箸を置いて、地獄のサタンみたいな声で彼女は言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私はな、毎日毎日、鏡を見る度に、この貧しい胸を恨めしく思って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっぱい体操も毎晩やってるってのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ?それで、小さいっての?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺すぞ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われた。もう、むっちゃ怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうかぁ。じゃあ、私、ブラ買った方がいいのかなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、言ったら胸倉掴まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ? オイ犬公。 今、なんつった???」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、だから、私、スポブラなんよ、いm…」

 

 

 

 

 

 

 

 

グーで殴られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い切り、ほっぺた、ブン殴られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛い。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前のその胸、もいでやろうか!!!!!

乳、粗末にしてんじゃねぇ!!!!死ねぇ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃもう、しこたま怒られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしいことに、私は自分の胸のサイズさえ知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとお店でサイズ測ってもらったら、

遥か昔に測った時より2サイズもデカくなっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信じがたくて、下着屋さん2件はしごして測ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「見せる相手もいないくせに」ってブツブツ言うオカンに、

ちゃんと可愛い大人のブラを買ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラって、高いのな。びっくりしちゃったよ、おいら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は1個だけ恐る恐る自分で買ってみて、でも1個だけじゃ話にならんと思って、

母上に頼ったわけだ。大人って、すごいぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカンちゃんは私なんかより、さらに胸大きいんだけど、

それイジると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん、人のこと言えないですよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、怒られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん! スカート短いです!

心配かけないでください!!」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかんみたいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩にある日、言われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いいか、やまいぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前はな、コナンみたいなもんだ。逆コナン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体は大人、頭脳は子ども。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かやまいぬって、木登りする少年みたいな心なんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目きらきらさせて、カブトムシに手を伸ばしてるんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君は女の子なんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのね、木に登ったら、パンツも見えるし、

胸もはだけるの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、見ててハラハラしてるの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やまいぬがあんまり純粋な目をしてるから、

夢を壊すようで、皆、何も言えないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、俺が皆を代表して、代わりに言ってやろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸、もませて?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩が思いがけず、人気だったから、

もう少し書いてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は、あの人に似てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阿部寛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ほんとだって。

テルマエ・ロマエ出れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、服がめちゃくちゃおしゃれだ。

なんか、高そうだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レミゼラブル時代の、ヨーロッパの上流階級みたいな恰好してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンチング帽? とかかぶってる人、(しかも似合う)

初めて見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、彼女さんも美人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマの休日オードリー・ヘップバーンに似てる。

ショートカットで色白、大きな瞳。顔ちっちゃい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺、よく、

 

 

 

 

 

 

 

 

『お前らのカップルのエッチは何か見てみたい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われるわ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに。

 

なんか、美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、「おっぱいという神秘について語ろう」という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト期間だから、短めです。

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは、また今度ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――

 

 

ミルクティを飲み干して
大好きな君を 盗み見る
目が合って ふふふ と笑う
「可愛いですね」って 君だよ それは
 
 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「女子」という記号を纏う

  f:id:hetareyamayama:20170116224527j:plain

 

「女子」という記号を

纏うって何ぞや、

 

という話がしたい。

 

 

 

 

 

 

ひとまず、昨日の日記の一部を抜粋。

 

 

 

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

ざざっと、私の外見について

描写してみる。

 

 

 

 

 

 

 

おさえめの茶髪ゆるふわに、

 

 

 

 

 

 

 


淡いオレンジ系でまとめた

メイク

 

 

 

 

 

 

 


服はワンピースが多い

 

 

 

 

 

 

 


靴は必ずハイヒール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、どんなに忙しくても イヤリングとネックレスは

つけるようにしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指には、

これまたサーモンピンクのネイルに

 

 

 

 


華奢な花の形をした指輪をつけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、頑張ってるんちゃう?

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が、抜粋だ。

 

 

 

 

 

 

 

もう少し細かく、

ある一日の私の服装について、描写してみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、絵を描いてみてもいいんだけども。

 

 

 

 

 

 

 

 

百聞は~って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、ほら、あれだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サモトラケのニケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは、腕と顔が欠けてるからこそ、美しいんだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かの本に書いてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不完全の美だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は見えないからこそ、

 

想像力が掻き立てられて、

 

各個人にとっての理想の美女が現れるんだと。

 

 

 

 

 

 

だから、

 

ニケの腕を

 

CGやら何やらを

駆使して再現する

 

なんていう野暮は

 

やめんさいって話だった。

 

 

 

 

無粋だってさ。

 

 

 

 

 

 

これに似たようなことは、

 

女の子の「可愛い」論にも通ずるものがあるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロリコンなんて、

まさにそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未完成、未成熟の美だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういや、どっかのネット記事で、漢字オタクの外国人が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Kanjiって最高にクールだよな!

 

 

 

 

 

 

 

 

妹って、未だ女じゃないって意味だろ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人は天才だ!

 

Moeの文化だな!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

とか何とか言ってたよ、みたいなの読んで面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いいや。話を戻す。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく文字だけの描写の方が、イマジネーション刺激してイイ感じだから、

 

 

 

 

 

頑張って書いてみる。

 

 

 

 

やってやるぜ、文学部。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の私の服装はだな、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白いオフショルダーのニットワンピが

 

まず、知らんうちに

たわわに育ったおっぱいを

存分に強調している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼいーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、

アイスブルーのノーカラ―のコートには

 

ファーがこれでもかってくらい、ついてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もさぁふぁー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

靴は黒のチェック柄のショートブーツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつつーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今の私は、

 

 

 

 

 

 

 

おかんと今さっき喧嘩した上に、

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日19時更新とかほざいて、

 

早速〆切を過ぎ、

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも今日の0時〆切の全く聞いてない授業のレポートがさっき発掘され、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに明日の5限がまさかの授業内テストらしいという噂を聞きつけ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにもかくにも、

ぶち切れそうになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだ、MK5というやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Maji de Kireru 5 byo mae.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰だこんな頭悪そうな

フレーズ考えたの。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで英作大嫌いな

ダメ大学生のやまいぬは

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE翻訳を召喚ッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

どどん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Before 5 seconds when I get angry really.

 

(私は本当に怒る5秒前です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気に食わねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文法っつーか、最後が

リーリーかぶってて、

うっとうしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の若者言葉で一番解せないのは、

 

あれですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KS.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kidoku Suruu(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうね、アホかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スルーって言ってる時点で、つづりの頭文字は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tだよ、馬鹿やろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

throughだわ、ボケなすび。

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様はナスビ食ってろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生のくせに彼氏作ってんじゃねーぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼氏よこせオラァ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこと言ってるから!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこといってるから、

彼氏できないんだよう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

デート行ってから、

音信不通にされるんだよう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

あああああ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話!?

 

 

 

 

 

 

 

 

ねえ、何の話!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち着けよ、やまいぬ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、私がブログで言いたいのはだな、

 

こんな事じゃないんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

女子は皆、可愛い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

または、可愛くなれるという話がしたいの。

 

 

 

 

 

 

 

 

この前、成人式だったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、思ったわけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子は皆、お姫様なんだなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

私、何言ってるの? 

 

大丈夫か??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いいや。先へ行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

「可愛い」または

「魅力的(ここでは外見の話)」

 

ってのは、

 

 

 

 

 

相対評価じゃなくて、

 

絶対評価なんだなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりだね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬという一匹のメスがいるとして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徹夜明けの

すっぴんボサ眼鏡が

 

0点もしくは

マイナス値だとして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成人式の晴れ着にプロの手によるメイクが施された状態を

 

100だとしたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬという1人の人間もここまでふり幅がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットなり、恋して表情が柔らかくなるとかで、Max値も固定じゃないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、逆もしかりだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、それは至極当然の事なんだけど、この事実を普段忘れてるなって思ったの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは換言すれば、通常モードも自由意志で、好きな値に設定できるということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、一番大事な気づきは、

そんなに世間は鬼じゃないってことだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、

自分のバロメーターの中で、普段から、そこそこ高い値をキープしてれば、

 

 

 

 

 

 

 

けっこう周りから「可愛い」って言われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは私にとって、

 

青天の霹靂だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お日様ピカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雷ゴロドカーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬ史上、

 

人から「可愛い」なんて言われるのは

一大事件だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はガッキーにも、

石原さとみにも生まれ得なかったから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おブスとして生きて行くのが宿命づけられてるのだと絶望してた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡も写真も大嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の顔を見る度にがっかりしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

髪にリボンをつけて行っただけで、

 

笑われてたような中高生時代だったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがどっこい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと、自分に似合う服装をして、メイクをして、アクセサリーをつけるだけで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうも変わるのかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。ちゃんと勉強することが大事だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目を背けないで、

 

すっぴんの自分と、

 

裸の自分と、向き合うことが。

 

 

 

 

 

その上で、

 

自分の伸ばすべきとこと、

 

カバーすべきところを

 

丹念に観察する。

 

 

 

 

 

 

これって、メイクや服装の話だけに留まらないんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の私は自分が嫌いだと嘆いて目を背け続けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、最近思うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、なんて自分は幼いんだろう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、嘆いても仕方ないじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配られたこのカードで生き抜くしかないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなら、嘆くより、戦略を練った方がワクワクする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケモンみたいに、自分という人間を、レベルアップさせるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、何かすっごい奴に進化するかもしれないじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がおー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっき、私は絶対評価だと書いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「評価」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他者から値を付けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他者には自分自身も入ってるのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡や、ショーウィンドーに映った自分を目にした時、無意識に自分に点数をつけていないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言えば、「お、良い感じ」と思うか「あちゃー」と思うかくらいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その判別にかかる時間は一瞬だけど、その小さな積み重ねが自己肯定感を左右する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間は鬼じゃないし、そこに含まれる自分も鬼じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんとお洒落した自分は、

 

佐々木希じゃなくても、

 

「おっ良い感じだぞ」って思えるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を好きになれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、今回のテーマの「女子」という記号という話だけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は服装で自己表現しようとは思ってない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

没個性、おおいに結構。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、私にはファッションのセンスが皆無だからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りに古着屋巡りが趣味で、

 

個性的なファッションライフを謳歌してるやつがいるんだけど、

 

私には無理だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アビリティの問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理なもんは、無理や。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、てっとりばやく私はワンピースばっか着てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっはっは。

 

どうだ、ズボラだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

または、マネキンのコーデをそのままお買い上げしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっはっは。

 

 

 

 

 

 

 

 

その古着大好き男に、

 

 

 

 

 

 

 

「お前は何が楽しくて生きてるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか聞かれたけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は自分のことを嫌いにならないで済む、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着るとちょっとだけウキウキする服を何着か着まわして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、浮いた時間で、例えばこうやって文章書いたりできれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

万々歳だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっはっは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余計なお世話じゃ、

 

なすび男め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか、日々の自分の平均値を上げる努力をしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は習慣の生き物だから、

 

最初は面倒くさくても、

 

慣れれば、

むしろそれが普通になる。

 

しなければ、むしろ違和感だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言い聞かせて、私はなんとかこのブログを続けていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張れ、やまいぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンワン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単位もぎとれ、やまいぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワン。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、忘れちゃならないのが、

 

中身の方だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落なんて、そこそこ頑張って、とりあえずボーダーライン越え目指せば良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心なのは、中身だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなにお洒落しても、思想や生き様は顔に出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残酷なほどに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成人式の後の同窓会で、

 

愕然とした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

華やかに着飾ったパーティー会場だったのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか、がっかりしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代、あんなに私が遠くからこっそり憧れていた女の子たちの大半は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか、ただの派手派手しくて、騒々しいだけの小娘になってしまっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、あんなに高校時代、地味で冴えなかった子が、

 

 

眩しいくらい

 

素敵な淑女になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間、顔じゃない。

 

顔つきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャネルのバッグを持てば

良いってわけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代、

全然クラスに馴染めなかった私は、数少ない友人と、

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティー会場の隅っこで

酒盛りしながら、思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酔っ払って、ビールを盛大にこぼしたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっしゃあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梨汁?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃうねん。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失恋した時、

 

10年後に面白い事が起きらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同窓会で頭が禿げ上がって、

すっかりくたびれた彼が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やぁ、久しぶり」

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

なんて声かけてくるって話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれと、まんま同じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、私は

 

「眠れないほどおもしろい 百人一首

 

(板野博行・三笠書房

 

ってのを読んでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しみじみ思わされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、

 

知性って、

 

エロいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エロうぃー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊び心溢れる風流な歌の数々に、

うっかり惚れそうになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔は皆さん、

 

引目鉤鼻だろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、あれじゃん。

 

 

 

アラビアン物語で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一晩共にすると女の人を殺しちゃう王様が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話上手の女だけは、つづきが気になって生かし続けた、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知的なエロイイ女になりたいものだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

単位も取りたいものだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに私が好きな百人一首は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第15番

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「君がため 春の野に出でて 若菜つむ

 

 

 

 

 

 

 

 

わが衣でに 雪は降りつつ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてピュアなんだ、

 

光孝天王。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰か私にも、若菜でもぺんぺん草でも摘んでくれ。頼む。

 

 

 

 

 

 

 

 

プリーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百人一首は後期のやたら技巧的なのより、

 

シンプルな初期の歌が好きだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年、従妹たちと百人一首をやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従妹の中2のみーちゃんが

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分は可愛くないから

お洒落しても似合わない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、嘆くから、

 

 

ルミネ連れまわして、

お年玉1万円以内で

フルコーデ探してあげた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から下まで着替えた

みーちゃんは、

 

けっして派手ではないけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと本人の要望通り、

 

甘すぎないコーデでも、

 

 

 

 

 

 

 

しっかり、

 

ばっちり、

 

可愛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅力的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、120回ぐらい、

 

可愛いって言ってあげたら、

 

恥ずかしそうに笑ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちまで照れちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に優しくできるのに、

自分自身にはひどい言葉や

目を向ける人がいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなの、

 

悲しいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分こそ、一番の相棒でありたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、一生、自分は自分だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛すべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛す可し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、ことだ。

 

 

 

恥ずかしがらずにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、『「女子」という記号を纏う』という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは、また今度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ 

 

 

 

 

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†

 

 

 

 

マルバツサンカク
君に私の満点をあげる
花丸つけて よくできました

ご褒美のデート 観覧車乗ろう

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

女子大生やまいぬが受験生を全力で応援する

 

 

いつまでも子どものままじゃいられない

僕らは大人になるんだ いつから 今日から

負けるなよ 戦う君よ

頑張る日々が 君を支える日が来るから

 

やまいぬʕ ・(エ)・ʔ

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

 

f:id:hetareyamayama:20170115190153j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生を応援したい。

ありったけの全力で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は勉強が大っ嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験勉強が苦痛で仕方なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、志高く、勉強を頑張る若き戦士たちを私は心から尊敬する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らの、やる気に繋がるような話をしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今、大学2年生だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の大学は、

 

 

 

 

 

 

とりあえず名前は聞けば分かるし、

 

 

 

 

 

 

親戚の集まりでも、なんとか居心地の悪い思いはしなくて済む。

 

 

 

 

 

 

ふんぞり返って自慢するほどじゃないが、卑屈になるほどでもない。

 

 

 

 

 

 

 

周りの人は皆、謙虚で穏やかだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、ちょうどいい大学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年目の今、私はけっこう、自分の大学が好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学のランク、みたいな鬱陶しい話はここで、これ以上語らない。

 

 

 

 

 

 

 

私はここで、自分が大学生活すごく楽しいぞ、という話をして、

 

 

 

 

 

 

 

受験生に希望を与えたい。

 

 

 

 

 

 

 

プレゼント・フォー・ユーだ

 

 

 

 

 

 

 

だって、学歴っていう勲章のためだけじゃ、なんだか空しいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

私は大学生になって

良かった。

 

 

 

 

 

 

 

毎日、むっちゃ楽しいもん。

 

 

 

 

 

 

可能性がごろごろしてる。

 

 

 

 

 

そこらへんに。

 

 

 

ソーエキサイティングだ。

 

 

 

 

 

 

 

まず、大学は自由だ。束縛からの卒業というやつだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今じゃ、高校生活なんて考えるだけで、ぞっとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、この生粋の文系人間の私が数学やら科学やら何やらを延々と、やらされてた。

 

 

 

 

 

 

私はしょっちゅう、数学の先生に呼び出されてた。

 

 

 

 

 

 

 

あんまりデキが悪いもんだから、すっかり嫌われて、

 

 

 

 

 

 

最終的には、私がノートに書いた線にまでケチつけられてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん。

 

 

 

 

 

 

何でそんな線しか引けないの。

 

 

 

 

 

 

最初からやり直しなさい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うるせぇばばあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことばっかねちねち言ってるから、

 

 

 

 

40過ぎでやっと捕まえた若い彼氏に逃げられるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呪怨

 

 

 

 

貞子もびっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は中高時代はずっとバスケ馬鹿だったから、

 

短髪だったけど、

 

 

 

 

 

 

今はロングヘアだから、貞子の真似できるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もじゃぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼさぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなのだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は大学生になって可愛くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれね、当社比。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは見た目と中身の両方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高時代の私は、バスケ部なんて厳しい世界で、

 

 

 

それはそれは尖っていた。

 

 

 

 

 

 

 

私のポジションはガードっていう、

 

 

 

 

 

 

要はボール運んで、点取り屋の仲間にパスを繋いだり、司令塔の役割だったんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、からきしセンスがなかった。

 

 

 

 

 

 

 

私がドリブルすると、

必ずトラベリングするのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3歩必ず歩いてから、

ドリブルする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パスが来た!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タッタッタッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ピピー/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手ボール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後輩に「やまいぬ先輩、7回目です」とか数えられてた。

 

 

 

 

 

 

 

チームの誰よりも情熱があって、脚だけは速かったけど、

 

 

 

こんな奴はチームメイトの厄介者になるだけだった。

 

 

 

 

 

 

 

コンプレックスやら情けなさやらでごちゃ混ぜになって、

 

 

 

逃げるようにして引退半年前に辞めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私に残ったのはムキムキの脚と、刈り込んだ短髪だけだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから周りの、

 

 

 

汗臭い体育館やら、 

 

 

 

夏の日差しが降り注ぐグラウンドとかと

 

 

 

無縁のクラスの女の子たちが眩しかった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの鏡で前髪をちょいと直してたら、意地悪な女の子たちに笑われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな高校時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強もからきしで、

大嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本史は暗記だったから、丸呑みするようにして無理やり覚えようと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、集中力が続かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予備校の女の子たちもなんだか皆、お洒落で賢そうに見えて、自習室が大嫌いだった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そういや、家と塾の行き帰りの電車では集中して英単語覚えられるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、じゃあ電車に1日中乗ってれば良いんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、天才じゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と世紀の大発見をした私は、センター試験1週間前は山手線の優先席を陣取った。

 

 

 

 

 

 

 

平気で毎日、

山手線5周とかしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がたんごとん。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニで、ちょっとお高いイヤホン買って、耳栓代わりにして、

 

 

 

 

 

 

 

これだけやっとけ単語集!

日本史ver.

 

 

 

 

 

 

みたいのを必死に詰め込んだ

 

 

 

 

 

 

 

トイレは、ピカピカ綺麗な東京駅とか恵比寿駅で下車して済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵比寿駅のBGM。。

懐かしい。。

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで

日本史だけセンターは

べらぼうに点数高かった。

   

 

 

 

 

 

 

 

火事場の馬鹿力。

 

 

 

 

 

 

 

窮鼠猫噛み。 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ホームレスのおじさんと隣り合わせちゃった時に

めちゃめちゃ怖かったから、やめた。 

 

 

 

 

 

 

 

あと、その時期、

 

 

 

ミカンが集中力にきく!

 

 

 

みたいなガセネタくさい情報を盲信して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカンを主食にしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色人種

 

 

 

 

 

 

文字通りの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の受験時代の破天荒エピソードなんか山ほどある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山手線暗記プロジェクトが頓挫してからは、

 

 

 

 

 

よく風呂場で寝てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

風呂場だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイルの床で爆睡してた。

 

 

 

 

 

 

シャワー出しっぱにして。

 

 

 

 

 

 

すっぽんぽんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我ながら、

なんてひどい絵面なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自習室恐怖症だったから、

自宅の部屋にいる。

 

 

 

 

 

 

 

でも、集中できない。

 

 

 

 

 

 

サボる。

 

 

 

 

 

 

こっそりブックオフで買ってきたガラスの仮面を読み始める。

 

 

 

 

 

 

 

オカンに見つかって怒られる。

 

 

 

 

 

 

 

私は鍵がかかる逃げ場所として風呂場を選んだ。

 

 

 

 

 

 

とにかくメンタルが弱りに弱ってたから、

 

 

 

 

 

風呂場の小さい椅子に座り続けるのでさえ苦痛で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しゃらくせぇ。

 

寝ちまえ。 

 

 

 

 

 

 

と、思って

 

冷たいタイルに這いつくばってた。

 

 

 

 

 

 

数時間とかざらに。

 

 

 

 

 

 

 

寒いから、シャワー小出しで寝湯みたいにして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂ってるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、私は受験時代、佳境に入るはずの1.2月で、親の目を盗んでガラスの仮面を全巻読破してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

才能溢れる努力の少女たちの物語を貪るように読んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情けない自分が大嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あんまり弱ってたもんで、

 

 

オカンが買ってきた赤本なんか動かしもせず、

 

 

 

 

 

かろうじて、早稲田の赤本だけ毎日ペラペラめくって眺めてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

解いてはいない。

  

眺めてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、落ちるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、いよいよ狂気が増してきて、早稲田の受験が迫ってきてからは、

 

 

スピリチュアルにハマり出した。

 

 

 

 

 

 

念じれば叶う!

思考は現実化する!

 

 

 

 

 

 

 

って謳う本をどさどさ買ってきて、専用のノートに

 

 

 

 

 

 

「私は早稲田に受かりました。神様ありがとうございます」

 

 

 

 

 

 

みたいなのを

毎日三行書いてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、

書いてあったんだもん。

本に。

 

 

 

 

 

 

願いは未来完了形で書きなさいって。 

 

 

 

 

 

 

 

オトンが買ってきたダルマとか、めちゃくちゃ磨いてた。

 

 

ピッカピカに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事に、落ちたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっはっは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでも、家で勉強しようと何度も頑張ったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドが近いから眠気を誘うんだ!

 

 

 

 

 

 

 

と思って、ある日突然、勉強机とベッドの間に城壁を築いた。

 

 

 

 

 

 

ベルリンの壁みたいな。 

 

 

 

 

 

 

 

何かっていうと、至極簡単なことで、

 

 

 

ベッドのマットレスを立て掛けて、部屋を両断した。

 

 

 

 

 

 

すぐ倒れてくるから、固定するのが大変だった。

 

 

 

 

 

 

私の意思と同じで、

非常に脆い。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから寝る時は、

 

 

 

マットレスを城壁に使っちゃったもんで、

 

 

 

硬いベッドの木の土台みたいなとこに布団引いて直接寝た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

硬い。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは、本当に辛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く点数に繋がらない頑張りだったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可哀想に。

 

 

 

愚かな高3の私よ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、夏までは健全な精神で勉強に勤しみ、

 

 

 

 

 

いわゆるカリスマ講師の信者で、先生を追っかけて各校舎を転々としてたおかげで、

 

 

 

 

 

 

 

なんとか大学生にはなれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの馬鹿高い交通費も無駄にはならなかったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうオトンオカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合格報告しに行ったら、

先生に

 

 

 

 

 

 

「お前は今期生で一番のヘタレだったのに、よく受かったな!がっはっは」

 

 

 

 

 

 

って笑われた。

 

 

 

 

 

 

今でも先生とは仲良しだ。

 

 

 

 

 

この前会いに行ったら、

 

 

 

 

 

「お前あんな化け物みたいな顔してたのに、可愛くなっちゃって。

お肌もつやつやじゃないか。

幸せなんだな。

良かったな。がっはっは」

 

 

 

 

 

って言われた。

ラーメン奢ってくれた。

 

 

 

 

 

 

あな嬉しや。

 

 

 

 

 

 

 

 

受験時代に隠れて読んだ本

が、意外と役立ってるとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも女子高出身だから、

 

 

予備校の男子と目が合うだけでビビりまくってたとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塾の冬期講習の逃亡が失敗に終わって先生にぶち怒られた話とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一志望に落ちた時、占い師に2000円払って

 

 

 

「私は浪人すべきか、受かった大学に行くべきか」

 

 

 

って真面目に相談したら、

 

 

 

 

 

 

 

「お前は絶対、浪人すべきじゃない。死ぬぞ」

 

 

 

 

 

 

みたいな事言われたとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなのはどうでもいいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

大事なのは、

 

 

 

私が今、大学入って楽しいって話だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学1年の話はまた、

うじゃうじゃ色々あるから、

 

 

 

それはまた今度ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから今現在の話をしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今、切に願っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛くなりたい!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、もう本当に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の現在の外見とやらを

 

 

ざざっと描写すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おさえめの茶髪ゆるふわに、

 

 

 

 

 

淡いオレンジ系でまとめた

メイク

 

 

 

 

 

服はワンピースが多い

 

 

 

 

 

靴は必ずハイヒール。

 

 

 

 

 

 

最近、どんなに忙しくても イヤリングとネックレスは

つけるようにしてる。

 

 

 

 

 

 

指には、

これまたサーモンピンクのネイルに

 

 

 

華奢な花の形をした指輪をつけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、頑張ってるんちゃう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、

物凄いつり目なんだけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、正月太りしたし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそぅ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は美人でも可愛い子ちゃんでもないけど、

 

 

 

 

 

 

 

よく愛嬌があるって言われる。

 

 

 

 

 

 

親しみがあり過ぎて、

 

 

後輩には舐められまくったり、世話されたりしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、

高校時代にはいなかったような人にも沢山出会った。

 

 

 

 

 

 

 

向上心にあふれた人、 

 

 

 

 

社交的な人、

 

 

 

 

才気溢れるクリエイティブな人、

 

 

 

 

思いやりのある優しい子、

 

 

 

 

 

何でも知ってる物知りな人

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく色んな人がいる。

 

 

 

 

 

 

一番好きな作家が坂口安吾だって明言する奴とか、

 

 

 

 

 

ボランティア団体を立ち上げたり、毎週デモ行ってるとか

 

 

 

 

 

 

 

薙刀やら尺八やらありとあらゆる日本芸能をマスターしてる奴やら、

 

 

 

 

 

 

 

生粋の中2病で面白い詩を書く奴やら、

 

 

 

 

 

 

演劇でしょっちゅう狂った役やってる奴とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

面白い人ばっかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

教授も変な人がいっぱいいる。

 

 

 

 

 

 

私は文学部で、

 

 

何でも好きなこと学んだり

書いたりさせてもらえる学科で、

 

 

 

そこにはプロの詩人やら、

どデカい賞とってる作家の先生とかもいて、

 

 

 

 

 

 

皆一様に変人だ。

 

 

 

 

 

 

皆、笑えるほど変人で、

 

 

 

 

 

 

笑えるほど良い人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人たちに囲まれて、

私は高校の時より、

 

 

素直になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるのが楽しくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中学からの親友も同じ大学、同じ学部で、

 

 

 

 

泣いたり笑ったりやかましく生きてる私を爆笑しながら

見守ってくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生たちも、

 

 

 

 

 

「おいやまいぬ! 

 

単位はとれよ〜!

 

風邪ひくなよ〜!」

 

 

 

 

 

なんて、しょっちゅう背中叩いてくれたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼氏ができねぇ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

と嘆く私を何故か学科の友人やら後輩やらが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬには本当に幸せになってほしい」

 

 

 

 

 

 

 

 

とやたら熱心に応援してくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもねぇ、すでに、

 

 

今、けっこう幸せだよ。私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな人に愛されてるな、

大事にされてるなって

思うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなこと何でもやらせてもらって、

 

 

 

 

 

 

 

しょっちゅう失敗したり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅刻したり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単位落としたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二外再々履になったり

してるけど、

 

 

 

 

 

 

 

毎日が、高校時代と比べ物にならないぐらい、

 

 

 

 

 

楽しくて仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達なんて、

多くなくて良いよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前の大事な人が、

 

 

馬鹿だなって笑いながら、

 

 

そんな私を好きだと言ってくれる、

 

 

その幸せが嬉しくてたまらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学歴なんて

 

どうでも良いとは言わない。

 

 

 

 

 

 

 

私の後輩でも、1年経って、まだ早慶行けなかった事を

悔やんでる子がいるけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一緒に頑張ろうぜ。

 

 

楽しく生きてやろうぜ」

 

 

 

 

 

 

 

 

って二人で約束した。

 

 

 

 

 

今、彼女はベッドでゴロゴロしてる私の隣で

 

 

源氏物語について8000字の

レポートをウンウン言いながら書いてる。

 

 

 

 

 

 

私が適当に

 

 

光源氏にモテる平安女の定義について書け」

 

 

 

 

 

って言ったら、本当にそれで書き始めたから、

 

ちょっと責任を感じてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女がこの前書いた、

ミカンちゃんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人に直接ブログ見せたら、

 

 

 

 

「私はこんないい人じゃないですよ!」って言いながら、

 

 

 

 

でもちょっと

嬉しそうにしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこうね、

 

がむしゃらにもがいてると、

 

気付けば幸せってやつが隣にいたりするよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張れ受験生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちても受かっても、

 

 

 

 

 

 

弱い自分にうんざりしたり、

 

 

 

 

 

 

意外と頑張れる自分が誇らしかったり、

 

 

 

 

 

 

応援してくれる人の優しさに感動したり、

 

 

 

 

 

 

 

全てはあなたの人生という

ドラマだから

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今生きてる日々が、

 

いつかどん底に落ちた時の

光になってくれる時があるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張れよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負けるなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も頑張るからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

負けないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかあなたの波乱万丈のドラマチックな人生の1年を、

 

 

 

 

 

面白おかしくブログにでも

書けばいいさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれを大事な人に読ませてみるといい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと優しく笑ってくれるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「女子大生やまいぬが受験生を全力で応援する」話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはまた今度ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

王様みたいな枕が欲しい

 

夜空に空いた穴ひとつ

重なる 遠く見えない君の心

見上げ焦がれてうつむいて

水たまりの中 揺らぐ黄色よ

 

やまいぬʕ ・(エ)・ʔ

 

 f:id:hetareyamayama:20170114200502j:plain

 

 

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

 

「王様みたいな枕がほしい」という話がしたい。

 

 

 

 

 

皆さんは枕って、どこで買っているのだろうか。

 

 

 

 

 

生活の必需品。まくら。

 

 

 

 

 

 

三大欲求のひとつに欠かせないアイテム。マクラ。

 

 

 

 

 

我々をネズミじゃない、

文字通りの夢の国に連れてってくれる。

 

 

 

 

 

 

 

みんな大好きMAKURA。

 

 

 

 

 

そう。枕である。

 

 

 

 

そろそろゲシュタルト崩壊してきたな。

 

 

まくらまくら。

 

 

 

 

 

人間、人生の大半を睡眠に費やしてるだけあって、寝具のセレクトは侮れない。

 

 

パジャマしかり。

 

ベッドのスプリングしかり。

 

 

 

 

 

こやつらをなめてかかると、痛い目にあう。

 

 

 

比喩じゃなく、

寝違えたりして痛い目に合う

 

 

 

快適な睡眠がとれなくて寝不足ですっころんで痛いとか。

 

 

でもって、

鏡見たら、顔には大きなクマが出来てて、イタいとか。

 

 

 

 

そういや、

目のクマって、英語で

"bags under his/her eyes"って

 

言うらしい。

 

 

Jeffがドヤ顔で言ってた。

 

 

 

 

誰?

 

 

 

 

って言いますと、

 

 

 

 

Jeffはフライドチキンが似合うお腹が大きいアメリカ人のおじいちゃん先生である。

 

 

 

 

 

カーネルサンダース

サンタクロースに似てる。

 

 

 

 

「やまいぬは日本人のくせにトークティヴで面白いねぇ。ho! ho! ho!」

 

 

 

 

って言われた。Jeffに。

 

 

 

 

カーネルジェフダース。

 

 

 

 

ha! ha! ha!

 

 

 

 

 

うん。

Jeffをフライドチキンにしたら、結構おいしそうだ。

 

 

 

あ、チキンじゃないか。

 

 

 

フライドジェフ?

 

 

 

丸々してて太っちょだから、クリスマスの七面鳥みたいになりそう。

 

 

 

 

おお。メインディッシュ。

やるなぁ。

 

 

 

 

 

ちなみにJeffはおじいちゃんのくせにガールフレンドがいるらしい。

 

 

 

 

英語ペラペラ、日本生まれの美人さんらしい。やるなぁ。

 

 

 

その美人さんが可愛いモノ好きで、Jeffの持ち物はどれもこれもファンシーだ。

 

 

ゆるふわってやつだ。

 

 

 

 

 

この前なんかピンクに子豚さん柄のネクタイしてた。

 

 

 

かわいいな、オイ。

 

 

 

 

で、いつも、すみっこ暮らしのきんちゃく袋を持っている。

 

その中にはアメちゃんが入ってる。

 

 

 

かわいいな、オイ。

 

 

 

 

 

 

あれ、そういや、何の話してたんだっけ。

 

 

 

 

そうだよ。枕だよ。

 

 

 

 

太っちょじいさんの話してる場合じゃなかった。

 

 

ho!

 

 

 

何だっけ。あ、そうそう、枕は大事だよねって話だ。

 

 

 

 

私は単純な人間だから、本に書いてあることにすぐ影響される。

 

 

 

 

で、昔、読んだ本に、

 

 

 

 

「枕ぐらいケチらないで、王様みたいな立派なやつを使おうぜ!」

 

 

 

 

みたいなことが書いてあって、

 

 

 

単純な私はお小遣い持って、東急ハンズに行った。

 

 

 

 

 

したら、だ。

 

 

 

 

 

 

あった。

 

 

 

 

 

何が?

 

 

 

 

 

王様の枕が。

 

 

 

 

いや、本当本当。

嘘じゃないよ。

 

 

正確に言うと、

「王様の抱き枕」なるものが売ってた。

 

 

 

王様級の抱き心地!みたいな謳い文句で。

 

 

 

すぐさまレジに向かおうとして、当時、高校生だった私は
 
 
 
 
(そう、私の王様の枕を巡る物語は高校時代まで遡るスペクタクルヒストリーなのである。多分)
 
 
 
 
そのお値段を見て絶句した。
 
 
 
 
 
高校生には、べらぼうにお高かった。
 
 
 
 
(記憶だから、当時の主観に基づくエフェクトはかかっている)
 
 
 
 
店員さんに聞いたら、抱き枕の、人間の体にフィットするように作られた形状はとても複雑で、専用の布の裁断にコストがかかるとかなんとか。
 
 
 
 
 
 
そもそも、抱き枕ってのは、妊婦さんが寝返りを打ちやすいように作られたものらしい
 
 
 
当時の私にはやっと見つけた、伝説の剣ぐらいの代物だったのに…
 
 
そのやるせなさやら、非難を込めた眼差しを店員さんに向けたら、
 
 
抱き枕のうんちくを沢山教えてくれた上に、2番人気の抱き枕を勧めてくれた。
 
 
 
 
 
王様とはいかなくても、こちらも抱き心地がよくて、しかも安いと。
 
 
 
 
 
 
つまり、王子級だと。
 
(私はそう解釈した)
 
 
 
 
で、カバーの色が一色しか在庫がなかったので、それを買って帰った。
 
 
 
 
では、ご覧にいれよう。
 
 
 
 
王子の抱き枕です。
 
 
 
 
どどん。

 

 

 

 

 

 

f:id:hetareyamayama:20170114011512j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

unko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blue unko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the blue prince of unko

 

 

 

 

 

英語にすると、かっこいい。

 

ちょっとだけ。

 

 

 

 

 

何食べたら、こんな色に仕上がるんだろうか。

 

 

 

こんな事書いたら怒られそうだな。先に謝っとこう。

 

ごめんなさい🙇

 

 

 

ところで、

私の部屋ってのは、

 

 

 

 

Jeff's girl friend に負けない

乙女志向のマイおかんによって、

 

 

 

それはそれはガーリーな世界観になっている。

 

 

 

 

壁紙は白地にピンクの薔薇が散ってるし、

 

 

 

部屋の電気は、白のお花を模してるし、

 

 

 

カーテンはグリーンの葉っぱがさりげなくプリントされてるし、

 

 

 

時計は世界的に有名なネズミがこっち向いて笑ってるし。

 

 

 

 

 

HaHa!

 

(あの声で)

 

 

 

 

 

 

あの声、みんな一度は真似したくなるよね。

 

 

 

 

 

裏声出せば、なんとなく似てしまうお手軽さ。

 

 

 

たまに、やたらドナルドのモノマネ上手いやつ、おる。

 

 

 

 

なんなんだろう、彼らは。

 

 

 

 

暇なのかな。

 

 

 

 

暇なんだろな。

 

 

 

 

 

 

 

HaHa!

 

 

 

 

 

 

そういや、私の後輩にすぐ人のマネするやつがいる。

 

 

 

 

持ち物をお揃いにするとかじゃなく、モノマネするのだ。

 

 

 

 

それがもう、

本当に悪意に満ちている。

 

 

 

 

 

さんまさんのモノマネする時に、

 

 

 

これでもかってぐらい出っ歯にして、

 

 

 

あれでもかってぐらい、

かすれた声で笑うのと一緒だ 

 

 

 

 

 

あいつは人間観察がすごくて、ふとした仕草や表情をすぐ盗んでデフォルメする。

 

 

 

 

 

似てないのに、似てる。

 

 

 

 

なんだろう、分かってしまうという申し訳なさで笑ってしまう。

 

 

 

 

 

ほとんど嫌がらせの域だから、あいつはその場にいない人のモノマネしかやってくれない。

 

 

 

余談だけど、

 

 

 

そいつは山田涼介に似てるとか似てないとか言われて、調子乗ってる。

 

 

 

 

許さねえ。

 

 

 

全国のファンに闇討ちされてしまえ。

 

 

 

そいつの話で2.3本は日記書ける。

 

面白いから。

 

 

 

超、生意気だ。

 

 

 

 

ゴハン奢ってやると、

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさんはイイ財布ですね!!」

 

 

 

 

 

とかほざく。

 

 

 

 

ジャニーズファンの皆さん、こいつです。

 

 

 

殺っちゃってください。

ライナウ。

 

 

 

まあ、

偽山田の話はまた今度ね。

 

 

 

 

 

何の話?

 

 

 

 

 

ああ、うんこ王子だ。

 

 

(あ、そのまま書いちゃったよ。まあ、いいや)

 

 

 

 

王子(って書こう)を

あのガーリーな部屋に投じた時の衝撃やたるや。

 

 

 

 

 

完全に世界の均衡が崩れた。

 

がらがらがしゃん。

 

 

 

 

 

シン・ゴジラぐらいの破壊力

 

ごめんね、おかん。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、シン・ゴジラ見逃したなあ。惜しいことをした。

 

 

 

 

 

秀逸な曲タイトルと映像美でバカ売れした入れ替わる方の映画は見たんだけどね。

 

 

 

 

 

いやぁ、ジブリとは違う美しさを作り上げてましたねぇ。

 

 

 

 

 

まぁ、私は心が汚れてるので、途中で寝ちゃったんですけど。

 

 

 

それ言ったら、まだピュアッピュアな弟に軽蔑の目を向けられた。

 

 

 

 

彼の手にはしっかりと

your nameのパンフレットが握られてた。

 

 

 

買ったんかーい。

 

ごめんね、弟よ。。。

 

 

 

 

外国では君の名は、は

your name っていうらしい。

 

 

 

Jeffがおっきなお腹揺らしながら、ものすごい巻き舌で

 

 

zen-zen-zen-say!って

言ってた。

 

 

 

 

弟の話も面白いんだな、

これが。

 

 

 

まず、

オカンのDNAが頑張ってくれちゃったおかげで、三人とも同じ顔してるからね。

 

 

 

 

中学の頃、

たまたま私と弟が並んで歩いてるのを見た留学生が、

 

 

 

 

 

 

 

"Wow! You are the same face!"  

 

 

 

 

 

みたいなことをしきりに言ってた。

 

 

 

 

ホワイジャパニーズピーポー!ってやつだ。

 

 

厚切りなジェイソン。

 

 

 

 

 

 

そんな事はどうでもいいんだ。

 

 

私は王子の話をしたいんだってば。

 

 

結論から言うと、

王子は私には合わなかった。

 

 

 

上の写真でミドリムシの先端みたいなとこに頭を乗せて、

 

 

 

 

要は枕を抱き寄せる感じで寝るんだけど、

 

 

 

 

確かに抱き心地は王子級でも、

 

 

 

その頭乗せる部分の高さがいまいち私には合わなかった。

 

 

 

 

数日使ったら、めちゃめちゃ肩を凝るようになった。

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

どうせなら、

 

本物の王子に抱きしめられたいものだね。。

 

 

 

 

 

しみじみ。。。

 

 

 

 

 

そんなわけで、

 

我が家の王子は薔薇模様の

押し入れが城になっている。

 

 

 

 

で、そこから私のクエストは一旦、低迷期に突入する。

 

 

 

 

おかんがどっかで適当に買ってきた、ぺちゃんこの低反発まくらでしばらく寝ていた。

 

 

 

 

低というか、 

 

もはや、ゼロ反発。

 

 

 

 

厳しくしつけされた

大人しい子みたい。

 

 

 

 

素直なのはいいんだけども、

 

こりゃあかんということで、

 

 

 

私は最近お気に入りの

無印良品ストアに行った。

 

 

 

以前、ここで

通称・ひとをダメにするソファを買った。

 

 

 

 

 

せっかくだから、

ご覧にいれよう。

 

 

 

 

今、これを大学で書いてて写真が撮れないから、

ネットの拾い画だけど。

 

 

 

 

でも、家にあるやつと全く同じ。

 

 

 

では。

 

 

 

 

いざ、尋常に。

 

 

 

 

どどん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UNKO!!!

 

 

 

 

 

 

アゲイン!!

 

 

 

 

紆余曲折を経て、

再度舞い降りた、

その名もunko.

 

 

 

 

 

冗談じゃない。

 

 

お前に構ってると、

話が前に進まないんだ。

 

 

 

歯を食いしばって、

お前をチョコレートカラーだってことにする。

 

 

 

なんかガーリーじゃない?

 

 

 

このチョコソファはだな、

 

座ると体が沈むようになっていて、重心が後ろに下がるから、

 

 

なかなか立ち上がる気にならない。

 

 

 

ひとをダメにする、の前評判は伊達じゃない。

 

 

 

で、まんまとダメになった私はチョコソファの生みの親、無印良品に出かけて、

 

 

もうめんどくさいから、

途中経過を省くと、

 

 

7000円出して、どデカい枕を買った。

 

 

 

そしたらデカすぎて、

肩むっちゃ凝った。

 

 

 

 

 

やまいぬの旅

to be continued....

 

 

 

って、そもそも、

これ何の話だっけ。

 

 

 

そうだ、今日は

「王様みたいな枕が欲しい」話だった。

 

 

 

じゃあ、この話はまた今度。

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

 

 

 

変態ダンディ先輩とゴハン行った。

 
いつの日か
「若かったね」と笑う時
隣に君がいてほしい
泣いてみようか 夜の部屋 ひとり
 
やまいぬʕ ・(エ)・ʔ
 
 
*~*~*~*~*~*~*~*~* 

 f:id:hetareyamayama:20170113221804j:plain
 
変態ダンディ先輩とゴハン行った」話がしたい。
 
 
 
先輩はイケメンである。
 
 
 
否、ハンサムである。
 
 
いや、本当に。
 
 
 
ダンディズムを感じる。
 
 
 
彫刻のような顔と
長い手足の長身180cm。
 
 
ハーフかと思いきや、
まさかの秋田出身。
 
 
まさか、なんて書くと
秋田の人に怒られそうだが。
 
 
 
 
ダンディ先輩は、
 
最初から最後まで
 
 
セクハラめいた冗談ばかり
言っていた。

 

 

物凄い賢い人だと知っているので、
 
私は真面目に恋愛相談から
人生相談まで乗ってもらいたかったのに、
 
 
 
先輩ときたら。
 
 
 
「今日の俺のパンツは黒猫柄だよ」
 
 
「はぁ、そうですか」
 
 
「可愛いでしょ」
 
 
「はぁ、そうですね」
 
 
「昨日のパンツは紅葉柄だよ」
 
 
「そうなんですねぇ」
 
 
「可愛いでしょ」
 
 
「そうですねぇ」
 
 
「で、君のパンツ何色?」
 
 
「言うと思いましたよ」
 
 
「心の準備できてたでしょ」
 
 
「言いませんけどね」
 
 
「そんな大きな
おっぱいしちゃって」
 
 
「関係ないじゃないですか」
 
 
「Dの60!」
 
 
「何ですか、その鋭さは」
 
 
 
みたいな会話を終始やっていた。阿呆か。
 
 
 
こんなオヤジまがいの
セクハラをのたまうくせに、
 
 
 
何でか分からないが、
ちっとも、いやらしくない。
 
 
 
いや、本当に。
 
 
「自他ともに」認めるその端正な顔立ちに、長い手足でひょろひょろ冗談めかして言うので、
 
 
もはや、存在そのものが免罪符である。
 
 
 
治外法権おとこ。
 
 
 
とんでもねぇ。
なんだそのミラクルスキル。
 
 
 
くしゃみして、一息ついて、
 
「ねぇ、おっぱい触らせて」が、
 
まかりとおってしまうのだなぁ、これが。
 
 
 
でも、ダンディ先輩はご飯とお酒がおいしい隠れ家的なお店に連れてってくれ、
 
 
トイレに行くと見せかけて、知らない間にお会計を済ませてしまうような人だ。
 
 
 
本当にずるい。何もかもが。とんでもねぇ。
 
 
 
 
そんな先輩なのだが、
 
 
 
 
途中、「ところで、君は誰が好きなのかな」と唐突に聞いてきた。
 
 
 
 
うるせぇ。
どうせ彼氏いない歴ハタチだ
 
 
 
 
「言いませんよ」
 
 
「そういや、虎雄は優子にフラれたらしいね」
 
 
「へぇ、そうなんですか」
 
 
「でもって、君は虎雄にフラれてたりして」 
 
 
 
「いや、フラれましたけど」
 
 
「オヤ、こいつはオジサン困ったな」
 
 
「本当に何ですか、その鋭さは」
 
 
「冴えちゃうねぇ」
 
 
「冴えますねぇ」
 
 
「で、パンツ何色?」
 
 
「ぶっとばしますよ」
 
 
 
何度でも言う。
とんでもねぇ。
 
 
 
 
 
優子は私の後輩である。
 
 
愛媛が産んだ癒し系美女だ。
 
 
虎雄は私の同輩である。
 
 
青森が産んだゆるキャラだ。
 
 
断じて、イケメンではない。
 
 
ついでに脚も短い。
 
 
目も細い。
 
 
口も悪い。
 
 
可愛い子には優しい。
 
 
「世の中の9割の女子が可愛い」と明言した上で、
 
 
「なんでかなぁ、お前は可愛いと思わない」と言われた。 
 
 
 
涙も出やしねぇ。
 
 
 
嘘。ちょっと泣いた。
鼻水が出た。
 
 
 
「好きだ」って言ったら、
 
 
「俺には一世一代の大勝負が控えてるから、お前に構ってる暇はねぇ」
 
 
って言われた。
 
 
このど畜生め。
リンゴ食ってろ。
 
 
 
でもって、その大勝負とやらは、まんまと惨敗したわけだ。
 
 
 
愛媛美人に。
ミカン食ってろ。
 
 
 
もう、リンゴとミカン互いにぶつけて、
 
殺しあってくれ。頼む。
 
 
 
なんなら、私が雪合戦よろしく、リンゴとミカンそれぞれ両手に、
 
交互に力いっぱい、ぶつけてやるよ。
 
 
 
イスラムの石打ちの刑。
 
 
 
万年フラれ女の悲しみを思い知れ。
 
 
 
のび太だって、しずかちゃんと結婚するのに。
 
 
 
私のドラえもんはどこ行ったんだよ。
 
 
 
愛媛の出木杉にとられた。
 
 
 
嘘。とられちゃいない。
 
 
負けた。
 
 
何が? 私の女としての何か大切ものが。
 
 
涙も出やしねぇ。
 
 
くしゃみは出た。
はくしょん。
 
 
 
 
ああ、だけど、
 
 
 
優子は、本当に良い子なのだ。
 
 
 
私は残念ながら神様が意地悪して、
 
 
巷で言うところの、
 
おブスに生まれてしまって、
 
 
そりゃあもう、美人に嫉妬して、妬み嫉みで
 
荒れ狂ってるけど、
 
 
でも、優子は良い子だ。
 
 
冗談みたいだが、本当だ。
 
 
しかも、仲良しだ。
 
 
何回、ご飯奢ったことか。
 
 
 私が酔っ払って、
 
 
「彼氏できないうぇえぇえ」
 

とか、ダル絡みしても、理由はよく分からないが、

 
彼女は真面目な顔して

 
「私、先輩には本当に、幸せになってもらいたいです!」

 
と、その大きな目をうるうるさせながら言ってくれてしまう。
 

感動のあまり、私が抱き付こうものなら、
 


背負い投げした上で、顔面踏みつけても良いくらいなのに、

 
「大丈夫ですよ! 元気出してください!」と、

 
言いながら、ラファエロの聖母みたいな顔して、ちゃんと抱きしめてくれる。
 


私が男子だったら、虎男と刺し違える覚悟で、彼女に告白したい。

 
 
 
 
私は彼女が(一方的に)大好きだから、そりゃあ、もう何でも喋ってきた。
 
 
歴代の私が好きになった人も全部、知ってる。
 
 
勿論、その中に、虎雄も入ってた。
 
 
私が嬉々として、虎雄をいかに大好きかをサイゼリヤで延々と語るのを
嫌な顔もせずに聞いてくれた。
 
 
彼女は元カレがひどい男だったとか何とかで、今は恋愛はこりごりだと言っていたのに、
 
 
「先輩があんまり嬉しそうに話してくださるので、私まで嬉しくなっちゃいます!恋バナって聞くの楽しいです!」
 
 
だと。
 
 
 
もうね、眩しい。
 
 
 
私が玉砕した時は一緒に悲しんでくれた。
 
 
 
そんな彼女だ。
 
 
 
いいか、虎雄よ。
 
 
 
この際、私をそれはそれは気持ちよく、フッてくれやがった事はどうでもいい。
 
 
 
お前が優子を彼女にしたいなんて縁起でもない。
 
 
 
最近はやりの前前前世から 生まれなおしても無理だ。
 
 
 
ごめんね、優子。数行前で、殺しあえとか言って。
 
 
 
二人で虎雄にミカンぶつけよう。たまに石混ぜて。
 
 
 
本当は、ちょっと寂しい。
 
 
何が?この事実を優子本人が言ってくれなかったことが。
 
 
まさかこんな形で聞かされるとは。
 
 
でも、分かるのだ。
 
 
きっと、優子のことだから、虎雄に告白された時はさぞや驚いて、
 
 
それから、誠実に、でもしっかりと断ったのだろう。
 
 
そして私のことを思って黙っていてくれてたのだろう。
 
 
そういう子だ。彼女は。
 
 
虎雄が惚れてしまうのも、分かる。分かるよう。ううう。
 
 
 
優子よ。
 
 
 
私だって君に幸せになってほしい。
 
 
 
しゃーない、虎雄もついでに幸せを祈ってやろう。
 
 
みんな幸せになれ。
 
 
 
そんでもって、私に
幸せのバトン回してくれ。
 
 
 
 
あれ、そういや何か忘れてるな。
 
 
ていうか何の話だっけ。
 
 
 
そうだ、今日は
「変態ダンディ先輩とゴハンに行った」話だった。
 
 
じゃあ、この話はまた今度。
 
 
やまいぬでした(*'ω'*)