読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

女子大生やまいぬが受験生を全力で応援する

 

 

いつまでも子どものままじゃいられない

僕らは大人になるんだ いつから 今日から

負けるなよ 戦う君よ

頑張る日々が 君を支える日が来るから

 

やまいぬʕ ・(エ)・ʔ

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

 

f:id:hetareyamayama:20170115190153j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生を応援したい。

ありったけの全力で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は勉強が大っ嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験勉強が苦痛で仕方なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、志高く、勉強を頑張る若き戦士たちを私は心から尊敬する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らの、やる気に繋がるような話をしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今、大学2年生だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の大学は、

 

 

 

 

 

 

とりあえず名前は聞けば分かるし、

 

 

 

 

 

 

親戚の集まりでも、なんとか居心地の悪い思いはしなくて済む。

 

 

 

 

 

 

ふんぞり返って自慢するほどじゃないが、卑屈になるほどでもない。

 

 

 

 

 

 

 

周りの人は皆、謙虚で穏やかだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、ちょうどいい大学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年目の今、私はけっこう、自分の大学が好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学のランク、みたいな鬱陶しい話はここで、これ以上語らない。

 

 

 

 

 

 

 

私はここで、自分が大学生活すごく楽しいぞ、という話をして、

 

 

 

 

 

 

 

受験生に希望を与えたい。

 

 

 

 

 

 

 

プレゼント・フォー・ユーだ

 

 

 

 

 

 

 

だって、学歴っていう勲章のためだけじゃ、なんだか空しいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

私は大学生になって

良かった。

 

 

 

 

 

 

 

毎日、むっちゃ楽しいもん。

 

 

 

 

 

 

可能性がごろごろしてる。

 

 

 

 

 

そこらへんに。

 

 

 

ソーエキサイティングだ。

 

 

 

 

 

 

 

まず、大学は自由だ。束縛からの卒業というやつだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今じゃ、高校生活なんて考えるだけで、ぞっとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、この生粋の文系人間の私が数学やら科学やら何やらを延々と、やらされてた。

 

 

 

 

 

 

私はしょっちゅう、数学の先生に呼び出されてた。

 

 

 

 

 

 

 

あんまりデキが悪いもんだから、すっかり嫌われて、

 

 

 

 

 

 

最終的には、私がノートに書いた線にまでケチつけられてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん。

 

 

 

 

 

 

何でそんな線しか引けないの。

 

 

 

 

 

 

最初からやり直しなさい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うるせぇばばあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことばっかねちねち言ってるから、

 

 

 

 

40過ぎでやっと捕まえた若い彼氏に逃げられるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呪怨

 

 

 

 

貞子もびっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は中高時代はずっとバスケ馬鹿だったから、

 

短髪だったけど、

 

 

 

 

 

 

今はロングヘアだから、貞子の真似できるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もじゃぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼさぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなのだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は大学生になって可愛くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれね、当社比。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは見た目と中身の両方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高時代の私は、バスケ部なんて厳しい世界で、

 

 

 

それはそれは尖っていた。

 

 

 

 

 

 

 

私のポジションはガードっていう、

 

 

 

 

 

 

要はボール運んで、点取り屋の仲間にパスを繋いだり、司令塔の役割だったんだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、からきしセンスがなかった。

 

 

 

 

 

 

 

私がドリブルすると、

必ずトラベリングするのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3歩必ず歩いてから、

ドリブルする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パスが来た!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タッタッタッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ピピー/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手ボール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後輩に「やまいぬ先輩、7回目です」とか数えられてた。

 

 

 

 

 

 

 

チームの誰よりも情熱があって、脚だけは速かったけど、

 

 

 

こんな奴はチームメイトの厄介者になるだけだった。

 

 

 

 

 

 

 

コンプレックスやら情けなさやらでごちゃ混ぜになって、

 

 

 

逃げるようにして引退半年前に辞めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私に残ったのはムキムキの脚と、刈り込んだ短髪だけだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから周りの、

 

 

 

汗臭い体育館やら、 

 

 

 

夏の日差しが降り注ぐグラウンドとかと

 

 

 

無縁のクラスの女の子たちが眩しかった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの鏡で前髪をちょいと直してたら、意地悪な女の子たちに笑われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな高校時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強もからきしで、

大嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本史は暗記だったから、丸呑みするようにして無理やり覚えようと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、集中力が続かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予備校の女の子たちもなんだか皆、お洒落で賢そうに見えて、自習室が大嫌いだった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そういや、家と塾の行き帰りの電車では集中して英単語覚えられるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、じゃあ電車に1日中乗ってれば良いんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、天才じゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と世紀の大発見をした私は、センター試験1週間前は山手線の優先席を陣取った。

 

 

 

 

 

 

 

平気で毎日、

山手線5周とかしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がたんごとん。

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニで、ちょっとお高いイヤホン買って、耳栓代わりにして、

 

 

 

 

 

 

 

これだけやっとけ単語集!

日本史ver.

 

 

 

 

 

 

みたいのを必死に詰め込んだ

 

 

 

 

 

 

 

トイレは、ピカピカ綺麗な東京駅とか恵比寿駅で下車して済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵比寿駅のBGM。。

懐かしい。。

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで

日本史だけセンターは

べらぼうに点数高かった。

   

 

 

 

 

 

 

 

火事場の馬鹿力。

 

 

 

 

 

 

 

窮鼠猫噛み。 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ホームレスのおじさんと隣り合わせちゃった時に

めちゃめちゃ怖かったから、やめた。 

 

 

 

 

 

 

 

あと、その時期、

 

 

 

ミカンが集中力にきく!

 

 

 

みたいなガセネタくさい情報を盲信して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカンを主食にしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色人種

 

 

 

 

 

 

文字通りの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の受験時代の破天荒エピソードなんか山ほどある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山手線暗記プロジェクトが頓挫してからは、

 

 

 

 

 

よく風呂場で寝てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

風呂場だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイルの床で爆睡してた。

 

 

 

 

 

 

シャワー出しっぱにして。

 

 

 

 

 

 

すっぽんぽんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我ながら、

なんてひどい絵面なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自習室恐怖症だったから、

自宅の部屋にいる。

 

 

 

 

 

 

 

でも、集中できない。

 

 

 

 

 

 

サボる。

 

 

 

 

 

 

こっそりブックオフで買ってきたガラスの仮面を読み始める。

 

 

 

 

 

 

 

オカンに見つかって怒られる。

 

 

 

 

 

 

 

私は鍵がかかる逃げ場所として風呂場を選んだ。

 

 

 

 

 

 

とにかくメンタルが弱りに弱ってたから、

 

 

 

 

 

風呂場の小さい椅子に座り続けるのでさえ苦痛で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しゃらくせぇ。

 

寝ちまえ。 

 

 

 

 

 

 

と、思って

 

冷たいタイルに這いつくばってた。

 

 

 

 

 

 

数時間とかざらに。

 

 

 

 

 

 

 

寒いから、シャワー小出しで寝湯みたいにして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂ってるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、私は受験時代、佳境に入るはずの1.2月で、親の目を盗んでガラスの仮面を全巻読破してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

才能溢れる努力の少女たちの物語を貪るように読んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情けない自分が大嫌いだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あんまり弱ってたもんで、

 

 

オカンが買ってきた赤本なんか動かしもせず、

 

 

 

 

 

かろうじて、早稲田の赤本だけ毎日ペラペラめくって眺めてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

解いてはいない。

  

眺めてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、落ちるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、いよいよ狂気が増してきて、早稲田の受験が迫ってきてからは、

 

 

スピリチュアルにハマり出した。

 

 

 

 

 

 

念じれば叶う!

思考は現実化する!

 

 

 

 

 

 

 

って謳う本をどさどさ買ってきて、専用のノートに

 

 

 

 

 

 

「私は早稲田に受かりました。神様ありがとうございます」

 

 

 

 

 

 

みたいなのを

毎日三行書いてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、

書いてあったんだもん。

本に。

 

 

 

 

 

 

願いは未来完了形で書きなさいって。 

 

 

 

 

 

 

 

オトンが買ってきたダルマとか、めちゃくちゃ磨いてた。

 

 

ピッカピカに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事に、落ちたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっはっは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでも、家で勉強しようと何度も頑張ったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドが近いから眠気を誘うんだ!

 

 

 

 

 

 

 

と思って、ある日突然、勉強机とベッドの間に城壁を築いた。

 

 

 

 

 

 

ベルリンの壁みたいな。 

 

 

 

 

 

 

 

何かっていうと、至極簡単なことで、

 

 

 

ベッドのマットレスを立て掛けて、部屋を両断した。

 

 

 

 

 

 

すぐ倒れてくるから、固定するのが大変だった。

 

 

 

 

 

 

私の意思と同じで、

非常に脆い。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから寝る時は、

 

 

 

マットレスを城壁に使っちゃったもんで、

 

 

 

硬いベッドの木の土台みたいなとこに布団引いて直接寝た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

硬い。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは、本当に辛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く点数に繋がらない頑張りだったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可哀想に。

 

 

 

愚かな高3の私よ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、夏までは健全な精神で勉強に勤しみ、

 

 

 

 

 

いわゆるカリスマ講師の信者で、先生を追っかけて各校舎を転々としてたおかげで、

 

 

 

 

 

 

 

なんとか大学生にはなれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの馬鹿高い交通費も無駄にはならなかったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうオトンオカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合格報告しに行ったら、

先生に

 

 

 

 

 

 

「お前は今期生で一番のヘタレだったのに、よく受かったな!がっはっは」

 

 

 

 

 

 

って笑われた。

 

 

 

 

 

 

今でも先生とは仲良しだ。

 

 

 

 

 

この前会いに行ったら、

 

 

 

 

 

「お前あんな化け物みたいな顔してたのに、可愛くなっちゃって。

お肌もつやつやじゃないか。

幸せなんだな。

良かったな。がっはっは」

 

 

 

 

 

って言われた。

ラーメン奢ってくれた。

 

 

 

 

 

 

あな嬉しや。

 

 

 

 

 

 

 

 

受験時代に隠れて読んだ本

が、意外と役立ってるとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも女子高出身だから、

 

 

予備校の男子と目が合うだけでビビりまくってたとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塾の冬期講習の逃亡が失敗に終わって先生にぶち怒られた話とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一志望に落ちた時、占い師に2000円払って

 

 

 

「私は浪人すべきか、受かった大学に行くべきか」

 

 

 

って真面目に相談したら、

 

 

 

 

 

 

 

「お前は絶対、浪人すべきじゃない。死ぬぞ」

 

 

 

 

 

 

みたいな事言われたとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなのはどうでもいいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

大事なのは、

 

 

 

私が今、大学入って楽しいって話だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

大学1年の話はまた、

うじゃうじゃ色々あるから、

 

 

 

それはまた今度ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから今現在の話をしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今、切に願っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛くなりたい!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、もう本当に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の現在の外見とやらを

 

 

ざざっと描写すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おさえめの茶髪ゆるふわに、

 

 

 

 

 

淡いオレンジ系でまとめた

メイク

 

 

 

 

 

服はワンピースが多い

 

 

 

 

 

靴は必ずハイヒール。

 

 

 

 

 

 

最近、どんなに忙しくても イヤリングとネックレスは

つけるようにしてる。

 

 

 

 

 

 

指には、

これまたサーモンピンクのネイルに

 

 

 

華奢な花の形をした指輪をつけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、頑張ってるんちゃう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、

物凄いつり目なんだけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、正月太りしたし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそぅ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は美人でも可愛い子ちゃんでもないけど、

 

 

 

 

 

 

 

よく愛嬌があるって言われる。

 

 

 

 

 

 

親しみがあり過ぎて、

 

 

後輩には舐められまくったり、世話されたりしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、

高校時代にはいなかったような人にも沢山出会った。

 

 

 

 

 

 

 

向上心にあふれた人、 

 

 

 

 

社交的な人、

 

 

 

 

才気溢れるクリエイティブな人、

 

 

 

 

思いやりのある優しい子、

 

 

 

 

 

何でも知ってる物知りな人

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく色んな人がいる。

 

 

 

 

 

 

一番好きな作家が坂口安吾だって明言する奴とか、

 

 

 

 

 

ボランティア団体を立ち上げたり、毎週デモ行ってるとか

 

 

 

 

 

 

 

薙刀やら尺八やらありとあらゆる日本芸能をマスターしてる奴やら、

 

 

 

 

 

 

 

生粋の中2病で面白い詩を書く奴やら、

 

 

 

 

 

 

演劇でしょっちゅう狂った役やってる奴とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

面白い人ばっかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

教授も変な人がいっぱいいる。

 

 

 

 

 

 

私は文学部で、

 

 

何でも好きなこと学んだり

書いたりさせてもらえる学科で、

 

 

 

そこにはプロの詩人やら、

どデカい賞とってる作家の先生とかもいて、

 

 

 

 

 

 

皆一様に変人だ。

 

 

 

 

 

 

皆、笑えるほど変人で、

 

 

 

 

 

 

笑えるほど良い人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人たちに囲まれて、

私は高校の時より、

 

 

素直になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるのが楽しくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中学からの親友も同じ大学、同じ学部で、

 

 

 

 

泣いたり笑ったりやかましく生きてる私を爆笑しながら

見守ってくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生たちも、

 

 

 

 

 

「おいやまいぬ! 

 

単位はとれよ〜!

 

風邪ひくなよ〜!」

 

 

 

 

 

なんて、しょっちゅう背中叩いてくれたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼氏ができねぇ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

と嘆く私を何故か学科の友人やら後輩やらが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬには本当に幸せになってほしい」

 

 

 

 

 

 

 

 

とやたら熱心に応援してくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもねぇ、すでに、

 

 

今、けっこう幸せだよ。私。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな人に愛されてるな、

大事にされてるなって

思うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

好きなこと何でもやらせてもらって、

 

 

 

 

 

 

 

しょっちゅう失敗したり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅刻したり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単位落としたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二外再々履になったり

してるけど、

 

 

 

 

 

 

 

毎日が、高校時代と比べ物にならないぐらい、

 

 

 

 

 

楽しくて仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達なんて、

多くなくて良いよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前の大事な人が、

 

 

馬鹿だなって笑いながら、

 

 

そんな私を好きだと言ってくれる、

 

 

その幸せが嬉しくてたまらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学歴なんて

 

どうでも良いとは言わない。

 

 

 

 

 

 

 

私の後輩でも、1年経って、まだ早慶行けなかった事を

悔やんでる子がいるけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一緒に頑張ろうぜ。

 

 

楽しく生きてやろうぜ」

 

 

 

 

 

 

 

 

って二人で約束した。

 

 

 

 

 

今、彼女はベッドでゴロゴロしてる私の隣で

 

 

源氏物語について8000字の

レポートをウンウン言いながら書いてる。

 

 

 

 

 

 

私が適当に

 

 

光源氏にモテる平安女の定義について書け」

 

 

 

 

 

って言ったら、本当にそれで書き始めたから、

 

ちょっと責任を感じてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女がこの前書いた、

ミカンちゃんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人に直接ブログ見せたら、

 

 

 

 

「私はこんないい人じゃないですよ!」って言いながら、

 

 

 

 

でもちょっと

嬉しそうにしてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこうね、

 

がむしゃらにもがいてると、

 

気付けば幸せってやつが隣にいたりするよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張れ受験生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちても受かっても、

 

 

 

 

 

 

弱い自分にうんざりしたり、

 

 

 

 

 

 

意外と頑張れる自分が誇らしかったり、

 

 

 

 

 

 

応援してくれる人の優しさに感動したり、

 

 

 

 

 

 

 

全てはあなたの人生という

ドラマだから

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今生きてる日々が、

 

いつかどん底に落ちた時の

光になってくれる時があるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張れよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負けるなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も頑張るからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

負けないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかあなたの波乱万丈のドラマチックな人生の1年を、

 

 

 

 

 

面白おかしくブログにでも

書けばいいさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれを大事な人に読ませてみるといい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと優しく笑ってくれるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは(´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「女子大生やまいぬが受験生を全力で応援する」話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはまた今度ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ