読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った。

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

音楽―それは憧れと美意識の旅なのだ

f:id:hetareyamayama:20170118235716p:plain

 

音楽には、憧憬と美意識の原体験が付随するって話がしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、やまいぬは

べらぼうに眠い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故なら、昨晩、

一睡もしていないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故かって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生らしく、

 

テスト勉強やら、

レポートに

明け暮れていただろって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思うでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徹夜でカラオケしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト期間、真っ最中だってのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて、隙のないダメ大学生なんだ、やまいぬよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、違うの。

 

 

聞いて。

 

 

怒らないで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも発端は夫妻だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎度おなじみ、

ダンディ先輩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ夫妻

阿部寛とオードリーヘップバーン)の家に、

 

ミカンちゃんと泊まったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「勉強会だー!」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、私は泊まる気なんかなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レポート(は適当にやって、本命はこのブログ)を終わらせ、

 

 

私の睡眠時間と化していた、社会学の授業のプリントを

ミカンちゃんに

 

 

写させてもらおうと思ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん!

 

 

ごめんさい、私も白紙です!!

 

 

どうしましょう!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカン女!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役立たずミカン女!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前は腐ったミカンだ、

おバカさんめ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

私もだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腐ったミカン仲間だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々はソウルみかんメイトだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、夜中まで、ミカンと二人でひいひい言いながら、

 

自力で調べてプリントの空欄を埋めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じゃ、やまいぬは帰りますね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か、その場が修羅と化した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「帰りたければ、

胸を揉ませろ」って言うし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オードリー先輩は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だめだよダンディ!!! セクハラだよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わりに私が揉んどくよ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミカン!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカン助けて!!!!

私の貞節が危うい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬさん! 

帰っちゃいやです! 

観念してください!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼ミカン!!!!! 

裏切者!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は実家暮らしである。

 

 

オカンと弟と私は、揃いも揃って、同じ顔である。

 

 

DNAの神秘。

 

 

オトンは、あれに似てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両津勘吉

 

 

 

眉毛がむっちゃ太い。マッキーで書いたみたい。

 

 

 

私の顔にマッキーで眉毛書くと、弟になる。

 

 

 

で、オトンが、めっちゃ厳しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やまいぬに男ができたら、

 

ワシに会わせろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっとばしてやるから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまだに彼氏ができないのは、

 

オトンにも大いに責任があると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、アドレス帳には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わしじゃあ携帯」で登録してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく胸揉まれちゃかまわんので、

 

 

決死の覚悟で自宅に電話した。

 

 

背後では、ハイエナみたいな3人がサイレントで

 

 

「ほらもう遅いしね!」

 

 

「こんな遅くに女の子が出歩いちゃだめだしね!」

 

 

「今日のやまいぬ、お洒落してるのに、帰るなんて、もったいないよ!」

 

 

「やまいぬさん、可愛いですねぇ~」

 

 

「やまいぬはいつでも可愛いよ!」

 

 

「まぁ、顔は不細工だけど、愛嬌あるからなァ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は強めに蹴っ飛ばしといた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話に出たのはオカンだったんだけど、

 

意外にもすんなりOKが出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あら、ミカンちゃんいるなら、安心ね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミカンの絶対的な信頼度。

 

 

水戸黄門の紋所みたい。

 

 

「このミカンが目に入らぬか!」

 

 

「汁が目に沁みましてござりまする!」

 

 

みたいな。あほらし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、OKは出たものの、

 

 

トイレの使い方から、

 

 

靴は揃えろ、

 

 

髪の毛散らすな、

 

 

行儀よくしろ、

 

 

ミカンに甘えるな

 

 

みたいなのを、それぞれ10回ずつぐらいリピートして言われた。

 

 

私が「ハイ分かりました。ハイ大丈夫です。ハイ。ハイオッケーです」

 

 

って言う度に背後で3人が腹抱えて爆笑してた。

 

 

大き目のクッション投げつけてやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたく私の外泊許可が下りたわけだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩の気まぐれが始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よし。カラオケ行くか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強はおしまい。はい着替えて~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒だから、そこからのやり取りは割愛するけど、

 

結局、朝の5時まで徹夜でカラオケする羽目になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンディ先輩は「We are the world」を下手なモノマネで歌い分けてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイケルジャクソンだけ、ちょっと似てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺、ムーンウォーク出来るよ」って言ってたけど、

 

私は嘘だとにらんでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、あと15の夜も歌ってたな。盗んだバイク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オードリー先輩は「残酷な天使のテーゼ」を冗談みたい美声で歌ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌ってるあいだ、これでもかってぐらい、真顔だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美声響かせるマネキン人形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白かったのは、ミカンの選曲だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

REBECCA 「FRIENDS」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンクの貼り方、分からんかったので、動画ググってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あと、SPYIR「サムライハート」とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段のんびりしてるのに、歌うのは格好いい曲ばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マイクを両手で持って一生懸命歌うミカンを見て思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「歌ってのは、憧れなんだな」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なりたい自分を歌うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


カラオケに行くと、その人が何に憧れてるのか、とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何を美しいと思うのか、美学や哲学みたいなものも垣間見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生が聞こえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、時間が無くて、今日はここまでだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この続きは、明日書こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、私の話も書きたいからね。

 

 

 

 

 

歌には思い出が鮮やかに詰まってる。

 

タイムカプセルみたいだ。

 

 

 

 

 

 


では、またお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――

 
踊る阿呆に歌う阿呆
朝まで一緒に どうか止まらず
願いは音なく 空へ消えたよ
君の声が微かに残って