読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいぬは書かねばと思った。

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

私は天使にさらわれたい

f:id:hetareyamayama:20170127003220j:plain

 

「私は天使にさらわれたい」という話がしたい。

 

 

まずは今日あったことを聞いてほしい。

 

 

今日はサークルの会議に、私の班のリーダーの代理として参加することになった。

 

 

 

朝、寝ぼけながら、

ふと、気づいてしまった。

 

 

おや。

 

 

待てよ。

 

 

 

これはもしかして、彼に会ってしまうのではないか?

 

 

 

彼。

 

 

 

2回目のデート以降、ぱったり連絡が途絶えた、彼。

 

 

 

 

私がついこの間まで大好きで大好きで仕方なかった後輩くんである。

 

 

 

分かっている。

 

 

 

分かっちゃいるが。

 

 

 

私は、おもむろにベッドから這い出して、

お洒落し始めた。

 

 

 

 

最近はもっぱらテスト期間で、ジーパンパーカーにすっぴんボサ眼鏡だったこの私が。

 

 

 

洗顔して、化粧水やら乳液やらつけて、

 

 

 

コンタクト入れて、

 

 

 

鞄の底からメイクポーチを引っ張り出して、

 

 

 


丁寧にアイシャドウ乗せてたりなんかして、

 

 

 

 

その間に熱くなったヘアアイロンで、やっぱり丁寧に髪を巻いて、

 

 

 

 

久しぶりにワンピースを着て、

 

 

 

 

最後に小さな花の髪留めと、ハートのイヤリングをつけてみたら、  

 

 

 

 

そこには一丁前に、恋する乙女が立っていた。

 

 

 

 

あーあ。

 

 

 

 

 

やんなっちゃうなぁ。

 

 

 

 

 

溜息つきながら、ショートブーツはいて大学に行った。

 

 

 

 

 

 

着いてみたら、

会議はまだ始まっていなかった。

 

 

 

 

 

 

すでに何人か集まってたけど。

 

 

 

 

 

そこには、最後にデートした時とまんま同じ恰好のあいつが阿保みたいに呑気に座っていた。

 

 

 

 

 

 

お前は同じ服しか持ってないのか、あんぽんたん

 

 

 

 

 

私はあいつから一番遠い席に座ってやった。

 

 

 

 

 

 

そもそも、テスト期間だから、あいつに限らず、皆と会うのが久しぶりだったから、

 

 

 

気を取り直して、同輩や可愛い後輩(私は後輩女子を可愛がるのが生き甲斐だ)に話しかけた。

 

 

 

 

 

したらだ、

 

 

 

 

 

話す度に、あいつが割り込んでくる。

 

 

 

 

 

割り込む?

 

 

 

 

 

いや、正確には、嬉々として話に入ってくる。

 

 

 

 

 

そして、何度となく、私を茶化す。イジろうとしてくる。

 

 

 

 

 

 

 

「そういうやまいぬさんこそ、単位大丈夫なんですか」

 

 

 

 

 

「いやぁ、やまいぬさんみたいな先輩にはなりたくないなぁ」

 

 

 

 

 

「おい、夏希、やまいぬさんは見習うなよ。留年するぞ」

 

 

 

 

 

 

 

やかましいわ。

 

 

 

 

 

 

私はちゃんと4年で卒業する(つもり)し、そもそもお前なんかに話しちゃいない。

 

 

 

 

 

何をそんなにテンション上がってる。

 

 

 

 

 

 

私はあいつに何を言われようと適当に生返事だけして、振り向きもせず、

 

 

 

 


ひたすら後輩女子を可愛がり、同輩女子に甘えてやった。

 

 

 

 

 

そしたら、会議が終わった後で友達2人に

 

 

 

 

 

 

「今日、やけにはしゃいでたけど、やまいぬ、良い事でもあった?」

 

 

 

 

 

「ていうか、何で今日そんなにお洒落してるの?」

 

 

 

 

 

「もしかしてデート?」

 

 

 

 

 

「あれ、今、何で一瞬、黙ったの?」

 

 

 

 

 

 

「え? え?」

 

 

 

 

 

「これはこれは」

 

 

 

 

 

「もしかして」

 

 

 

 

 

「もしか

 

「しないわ馬鹿やろう。乙女の傷を土足で踏み荒らすんじゃねえ」

 

 

 

 

 

本当にどいつもこいつも私のことを面白がって。

 

 

 

 

なんだよ。

 

 

 

 

 

そんなにはしゃいで見えたってのか。

 

 

 

 

 

意識しないようにして、逆に意識しちゃって慌てる私はそんなに面白いか。

 

 

 

 

 

どうせ何もないって分かってるのに、お洒落する私が。

 

 

 

 

 

なんだよ。

 

 

 

 

 

 

全然、連絡くれなかったくせに。

 

 

 

 

 

今、好きな人いないって言ってたくせに。

 

 

 

 

 

やまいぬさんに彼氏できたら、教えてくださいとか言ってきたくせに。

 

 

 

 

何でそんなに楽しそうに話しかけてくる。

 

 

 

 

 

あんなに分かりやすく私は君が大好きだったのに。

 

 

 

 

 

なんなんだ。

 

 

 

 

 

彼はメンヘラとは付き合いたくないそうだ。

 

 

 

 

なぜなら、昔、付き合ったメンヘラ彼女が大変だったらしいから。

 

 

 

 

 

 

私は自傷行為をするほどは心を病んでいないし、大事な人に嫌な思いをさせてまで支えてもらいたいなんて思わない。

 

 

 

 

 

でも。

 

 

 

 

 

 

私は強い人間ではない。

 

 

 

 

 

私は、弱い人間だ。

 

 

 

 

 

すぐ傷つくし、泣くし、怒るし、落ち込んでへたり込んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

周りの友人や家族に支えてもらって、なんとか立ってるような人間だ。

 

 

 

 

 

 

 

私は、人の弱さに冷たい目を向ける君とは、きっと上手くいかないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

会議の後、友人とご飯に行った。

 

 

 

 

 

 

友人は言った。

 

 

 

 

 

 

 

「それはきっと、楽しんでるんだよ。彼は」

 

 

 

 

 

「楽しんでる?」

 

 

 

 

 

「だって、彼は言ったんでしょう。

 

 

 

 

 

 

『僕は今、付き合う気はないんです。付き合うまでを楽しみたいから』って。

 

 

 

 

 

その言葉通り、やまいぬとの今の関係を楽しんでるんじゃないのかな」

 

 

 

 

 

 

それは。

 

 

 

 

 

 

それは、いやだな。

 

 

 

 

 

 

だって、なんか、それは意地悪じゃないか。

 

 

 

 

 

 

なんか、不誠実だ、それは。

 

 

 

 

 

 

最近、1年男子が半年片思いしてた3年女子と、ついに付き合った。

 

 

 

 

 

 

熱心にアタックして、やっと告白したのだそうだ。

 

 

 

 

 

「付き合う前と後って、やっぱり違うんですか」

 

 

 

 

 

 

「そうだね。お互い好きだって分かってるから、手を繋ぎたい時も我慢しなくていい。

安心できる。それに」

 

 

 

 

 

 

「それに?」

 

 

 

 

 

「何より、彼が付き合ってから、私に大好きって気持ちを素直に表してくれるようになって、

それは照れるけど、やっぱり嬉しいものだよ」

 

 

 

 

 

 

ああ。

 

 

 

 

 

 

良いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風に思ってもらえて羨ましい、と思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

周りに冷やかされた時の、彼の嬉しそうな顔が、眩しくて仕方ない。

 

 

 

 

 

 

素敵な二人だ。泣きたくなるほど、素敵じゃないか。

 

 

 

 

 

彼は。

 

 

 

 

 

 

彼は、笑うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

私のセンチメンタルを、笑うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のロマンチックを、笑うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

彼は。

 

 

 

 

 

 

 

きっと、私という人間を、楽しそうに笑うだけなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

分かってる。

 

 

 

 

 

 

分かっちゃいるけど、それは、悲しい。

 

 

 

 

 

 

悲しいよ、ばか。

 

 

 

 

 

のだめカンタービレ」という漫画がある。

 

 

 

 

 

 

ドラマや映画にもなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のピアノの先生は好きじゃないと言っていたけれど、

 

 

 

 

 

私はあの漫画が大好きだ。

 

 

 

 

 

スラムダンク」の次に好きだ。

 

 

 

 

 

その漫画には千秋という男の子とのだめという女の子が描かれる。

 

 

 

 

 

ある日、千秋は母親に言われる。

 

 

 

 

 

 

 

「良い、千秋。あんた、のだめちゃんを見失っちゃだめよ。

 

のだめちゃんは、あんたの天使なんだから」

 

 

 

 

 

その後、巻が進むと、二人は別の道を進みかける。

 

 

 

 

 

 

今まで、「先輩先輩」とくっついてきたのだめが、

 

 

 

 

 

一人で、千秋の知らないところで、ステージに立ったと聞いた時、

 

 

 

 

 

千秋は思った。

 

 

 

 

 

「天使は、俺か」

 

 

 

 

 

 

最後に、二人は回り道をして、最後はまた出会う。

 

 

 

 

 

 

二人は一緒にいることを選ぶ。

 

 

 

 

 

その、二人の関係が、私の憧れなのだ。

 

 

 

 

 

大きな翼で、どこまでだって、二人で飛んでいけそうじゃないか。

 

 

 

 

 

二人でいれば、きっと、本当に何も怖くない。

 

 

 

 

 

何だってできる。こんな胸が躍ることってあるだろうか。

 

 

 

 

 

私は天使にさらわれたい。

 

 

 

 

 

 

私は誰か、大事な人の天使になりたい。

 

 

 

 

 

なってくれよ、

 

 

 

 

なってほしかったよ、

 

 

 

 

なりたかったよ、ばか。

 

 

 

 

 

 

 

こんな事を、重い、夢見がちな事を思うから、

 

やっぱり私の恋は上手くいかないのだろうか。

 

 

 

 

そんなふうに、ひねくれてみる。

 

 

 

 

ふてくされてみる。

 

 

 

 

 

私はのび太なのだ、と前回、書いた。

 

 

 

 

 

 

でも、本当は違うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

だって、私は彼ほど、素直でのびやかな心を持っていない。

 

 

 

 

 

私は、あんなに、気持ちのいい子ではない。

 

 

 

 

 

私はこんなに、うじうじ、めそめそした人間だ。

 

 

 

 

 

私にドラえもんはいないけど、

 

 

 

 

 

ドラえもんみたいに愛すべき友人たちがいる、と書いた。

 

 

 

 

 

 

 

でも、それだけじゃ、だめなんだと思う。

 

 

 

 

 

私は、自分自身にドラえもんを持たなきゃいけないんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

支えてもらうばっかりじゃ、だめなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

いつか、誰かの天使になりたい、と思うなら、

 

 

 

 

 

いつか、天使に出会いたい、と思うなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身が、強くて、大きな羽を持たなきゃだめだ。

 

 

 

 

 

 

 

ひとりで悲しく、ベッドでうつぶせになってる時、

 

 

 

 

 

「ほら、元気だしなよ。まだ大丈夫だって」

 

 

 

 

 

という猫型ロボットを、心の中に持たなくちゃ。

 

 

 

 

 

「一番いけないのは、自分なんかダメだと、思いこむことだよ」

 

 

 

 

 

というめがねの男の子を、

 

 

 

 

 

情に厚い太っちょのガキ大将とつり目のちび助を、

 

 

 

 

 

優しい二つ結びの女の子を、

 

 

 

 

 

勉強が得意な彼を、

 

 

 

 

 

 

あの世界に住む彼らを、

 

 

 

 

 

自分の中に、私を奮い立たせる応援団として、もってなきゃいけないんだと思う。

 

 

 

 

 

もっていたいと思う。

 

 

 

 

 

 

そんな風に思うよ。

 

 

 

 

 

 

ま、君が言う通り、こんな先輩は見習っちゃだめだよ。

 

 

 

 

 

テスト頑張れよ。

 

 

 

 

 

 

私も頑張るわ。

 

 

 

 

 

あ、もし私に彼氏できても、

君には教えてあげないからね。

 

 

 

 

 

ばーか。

 

 

 

なんて言ってみたりしてね。

 

 

 

 

バイバイ

 

 

 

 

 

今日は「私は天使にさらわれたい」という話でした。

 

 

 

 

続きは、また今度。

 

 

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ

 

 

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――

 

私は君に会って

前より自分を好きになったよ
君はどうだい 君は
私と会って ちょっと幸せになったかい