やまいぬは書かねばと思った

やまいぬは書かねばと思った

へたれ女子大生やまいぬは今日も走る

私はあなたを惚れさせたい

 f:id:hetareyamayama:20170205004140j:plain




それは、事件だった。

 

 

 

 

事件、と呼んでもよいであろう出来事。

 

 

 

 


大変だ。






虎雄に話しかけられた。

 

 

 


しかも、なんか、優しかった。

 

 

 

 

 

なんか、私を見る目が、優しかった。

 

 

 

 

それは彼が普段、「可愛い女の子」に向ける、それだった。

 

 

 

 

ええええ。

 

 

 

 

 

ばかにすんな。

 

 

 

 


そんな簡単に、優しい顔するな。

 

 

 

 

 

虎雄っていうのは、

 

 

 

 

大学1年の冬から、2年の夏まで、


私が大好きで大好きで仕方なかった男の子。

 

 

 

 

 

「お前だけは可愛いと思えない」と言った男の子。

 

 

 

 

 

プライドばっかり高くって、不器用なくせに、

 

たまに頑張り屋で、感動屋で、いいやつになる、ずるい男の子。

 

 

 

 

私が、人生で一番、長く恋をしていた男の子。

 

 

 

 


こんなに簡単なのか、と思ってしまった。

 

 

 

 


「可愛い」って、簡単だ。

 

 

 

 

お洒落して、にこにこして、黙ってれば良い。

 

 

 

 

 

ずっと、昔から、ずるいと思ってた。

 

 

 

 

 

「可愛い女の子」がずるいと思ってた。

 

 

 

 


だって、私の方が、頑張ってる。

 

 

 

 


私の方が、「良いやつ」なのに。

 

 

 

 


どうして、あの子たちの方が、皆にちやほやされるんだろう。

 

 

 

 

どうして、私は愛されないんだろう。

 

 

 

 

そんな事ばかりを考えていた。

 

 

 

 


それが、今、こんなに簡単に、「可愛い」と言われる、思われる。

 

 

 

 

この違いは何なんだろう。

 

 

 


Twitterで、ある人に言われた。

 

 

 


「可愛いも美しいも、魂の問題。

 

 

 

 

やまいぬちゃんは可愛い。

 

 

 


それはもう間違いなく、めんこい。

 

 

 

 

だって、魂が可愛いんだもの」

 

 

 


あの頃の私が聞いたら、嬉しくて嬉しくて、大泣きしてしまう。

 

 

 


なんで「可愛い」と思われるのか。

 

 

 


それは、たぶん、「可愛げ」が出てきたから。

 

 

 

それは、たぶん、「魂」が綺麗になったから。

 

 

 


昔より、私は自分を好きになった。

 

 

 


それは、お洒落を覚えたからかもしれない。

 

 

 

楽しいと思える日が増えたからかもしれない。

 

 

 


自分がちゃんと愛されていることに気づいたからかもしれない。

 

 

 

 

色んな女の子に素直に「可愛いね」って言えるようになったからかもしれない。

 

 

 


「可愛い」って人に言ってたら、自分自身も「可愛い」と思えるようになったからかもしれない。

 

 

 

 

愛されたいと思っていた時、ひとは遠ざかって行った。

 

 

 

 

優しくされたいと思っていた時、ひとは冷たかった。

 

 

 

そうだ、私は前よりも、ひとを好きになったのだ。

 

 

 

昔より、私はひとに優しくなった。

 

 

 


ひとの良いところを見るようになった。

 

 


ひとを素直に、愛しいと思うようになった。

 

 

 


気づいたら、変わっていた。

 

 

 


それは、確かな変化。

 

 

 

朝たった15分身だしなみを整えて、お洒落して、ゴキゲンでいれば、

 

きっと、私もあなたも可愛いだろう。

 

 

 

ゴキゲン、が大事。

 

 

 


ルンルンでいること。

 

 

 

失敗しても、反省したら、ちゃんと自分を許してやること。

 

 

 

自分のことを見捨てないこと。

 

 


自分をいじめないこと。

 

 


憎まないこと。

 

 

 


男子も女子も、まずはお洒落してみればいい。

 

 

 

それだけで、自分を、ちょっと好きになる。

 

 

 


それだけで、ちょっとゴキゲンになる。

 

 

 


ニコニコしてれば、素敵なひとだ。

 

 

 

 


そして、皆を「可愛い女の子」と油断させておいて、

 

 

 

 

こっそり、自分だけの武器を磨こう。

 

 

 


ピカピカに磨きあげた剣を、いつか懐から抜き出して、

 

 

 

 

華麗な技を見せつければいい。

 

 

 

 


シュバッ

 

 

 

 


その時、きっと皆が本当に心を奪われるに違いない。

 

 

 

 

なんて、それは楽しいんだろう。

 

 

 

 


「可愛い女の子」のままじゃ、つまらない。

 

 

 

 

魅了したい。

 

 

 

  


せっかく生まれてきたんだからさ。






一度くらい、あなたを、虜にしてみたい。

 

 

 

 


私はあなたを惚れさせたい。






憂いて、嘆いてる暇はない。

 

 

 

 

バイバイ、虎雄。

 

 

 


私は、先に行くからね。

 

 

 

 

あんまり女の子にデレデレしてばっかじゃだめだよ。

 

 

 

 

電柱にぶつかるぞ。

 

 

 

 

今日は「私はあなたを惚れさせたい」というお話でした。

 

 

 

続きは、また今度。

 

 

 

やまいぬでしたʕ ・(エ)・ʔ



 .+*:゚+。.☆

猫も杓子も可愛い可愛い

君の愛は簡単ね
ごめんね女の子は飽きちゃった
馬に跨り 草原走るわ